新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伝統的自動車産業への脅威としか言いようがない。
新型コロナ感染症で事業拡大の好機を迎えたAmazonの動きは速く、昨年のRivian資本傘下に続きZooxを買収。両方で2,000億円近い資金をポンっと。自動運転MaaSの広がりを捉える事業展開だ。これでハード、ソフト、オペレーターを押えることが可能。ロボタクシーはやや展開が期待以下だが、新型コロナ感染症を契機に自動運転トラックは無人配送ロボット市場は一段と有望である。
ただでさえ不利な戦いの中で、伝統的な自動車産業はコロナで数十兆円のキャッシュフローが消滅・・・勝ち組のFAANGと如何に戦っていくか!8月頃にはトヨタから何らかのメッセージが出てきそうだ。
“結局のところアマゾンは、あらゆるものにとってのアマゾンになりたがっているようなのだ。“ まさにこれでしょう。参入する全ての市場において圧倒的なシェアを取りにいく。特に自動運転のところは物流センターから配送まで全部自動化できればますますAmazom最強になる。
Amazonが自動運転に参入。
買い物と合わせてどんどん便利になることはよいこと。
実用化が早いのがどこの企業なのか、実物です。
割安で買収ができ、ほかの車メーカーが手を出さなかった意味は気になるところです
どこが勝つかはさておき、進化しているということですね。若いうちは進化する業界に身を置くことが大切ですし、成熟した自らの業界を非連続に進化させるのが何より重要ですね。
配送関連の自動運転は中国でもJDが頑張っていたり、大きな動きになる可能性あり。

普通に考えて、宇宙分野もそうですが、自動化は普通まず無人からなので当たり前といえば当たり前なのですが。。。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
171 兆円

業績