新着Pick
419Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
伝統的自動車産業への脅威としか言いようがない。
新型コロナ感染症で事業拡大の好機を迎えたAmazonの動きは速く、昨年のRivian資本傘下に続きZooxを買収。両方で2,000億円近い資金をポンっと。自動運転MaaSの広がりを捉える事業展開だ。これでハード、ソフト、オペレーターを押えることが可能。ロボタクシーはやや展開が期待以下だが、新型コロナ感染症を契機に自動運転トラックは無人配送ロボット市場は一段と有望である。
ただでさえ不利な戦いの中で、伝統的な自動車産業はコロナで数十兆円のキャッシュフローが消滅・・・勝ち組のFAANGと如何に戦っていくか!8月頃にはトヨタから何らかのメッセージが出てきそうだ。
“結局のところアマゾンは、あらゆるものにとってのアマゾンになりたがっているようなのだ。“ まさにこれでしょう。参入する全ての市場において圧倒的なシェアを取りにいく。特に自動運転のところは物流センターから配送まで全部自動化できればますますAmazom最強になる。
Amazonが自動運転に参入。
買い物と合わせてどんどん便利になることはよいこと。
実用化が早いのがどこの企業なのか、実物です。
自動運転の実用化には懐疑的な見方も多いですし、Zooxの事業はそもそも上手く行かなそうになっていた所をアマゾンが安く買ったという話なので、そんなに大きな変革を期待する話では無い気がします。

旧来の自動車産業への最大の脅威は引き続きテスラでしょう。トヨタの時価総額を超えたというニュースもありましたし、GAFAは自動運転技術を開発したとしても自動車作れないですからね。
どこが勝つかはさておき、進化しているということですね。若いうちは進化する業界に身を置くことが大切ですし、成熟した自らの業界を非連続に進化させるのが何より重要ですね。
割安で買収ができ、ほかの車メーカーが手を出さなかった意味は気になるところです
目の前の自動車の自動運転置き換え、ではなく、自動運転車を使ったサービスの展開と考えれば、結構、目はあるように思います。

自動運転タクシーの展開、から想像出来るのは、都市部での拡がりと推測出来ますが、街中の交通では実に多くの不確定な要素が多く、AIとセンサーによる自動運転はかなり難しいのでは。

判断を瞬時に自動的に行いながら、処理をする、のが街中でのハードルなら、それらが少ないところで始めるというビジネスはどうなのでしょか?

例えば、アフリカやアメリカ、中国の郊外など、鉄道はなく、ネット回線はあり、ヒトは少ないところなら、街中にあるような不確定要素は少ない。
そういったところで、トラックによる物資輸送に自動運転車は使えないのでしょうか。

また、自動運転のみで全行程完結するでなく、物資輸送なら、地方ターミナル間は自動運転、ターミナルから街中へは、常駐するドライバーが行うならスムーズに行くかも知れません。(ターミナル倉庫のピッキング他作業をドライバーが支援しても良い)

提供エリアと提供方法をまとめた自動運転車サービス、としたら推進の加速があるかもと思います。
配送関連の自動運転は中国でもJDが頑張っていたり、大きな動きになる可能性あり。

普通に考えて、宇宙分野もそうですが、自動化は普通まず無人からなので当たり前といえば当たり前なのですが。。。
Amazonが自動運転分野でどういうビジネス展開を視野に入れているかに興味があります。物流というのはシンプルに意味があるとは思いますが、自社ECで購入したものを届けるといっただけに留まる領域ではない印象です。GoogleよりもAmazonは、より事業展開を見据えた投資をする傾向にあると思っているので、クラウド/エンタープライズビジネスとの絡みも含めて、継続的にウォッチしていきたいですね
商用、配送と一番効くところへ。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク、/æməzɒn/)は、ワシントン州シアトルに本拠地を置くアメリカの多国籍テクノロジー企業である。電子商取引、クラウドコンピューティング、デジタルストリーミング、人工知能に焦点を当てている。 ウィキペディア
時価総額
134 兆円

業績