新着Pick
398Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
新型コロナによって、働き方が変わったとよく言われます。もう会社に毎日行かなくても、自宅からリモートすればいいし、なんなら沖縄とかに住んでもいい。

しかし、このインフラを支えているのはだれでしょうか。

今回のGoogleトークは、2003年から16年間にわたって、グーグルの抱えている巨大なネットワーク・インフラやデータセンターを支えてきた、ベテランの技術幹部に取材をしました。世界中に散らばる物理的なハードウェアを、彼らはコロナ状況下で、どのように守っているのか。

そして彼らが、海外出張ができないことで、新たに生み出した「働きかた」とは。一斉を風靡したあのアイテムが、登場します。
「そのためグーグルは、グーグルグラスというハードウェアを活用しています。みなさん、覚えていますか?(笑)」覚えてませんでした。笑

2019年に最新モデルを発表していて、価格は11万円ほど。かつ法人向け販売のみ。一般の人には使う機会がない。

https://techcrunch.com/2019/05/20/glass-graduates-from-google-x-as-it-scores-new-hardware-update/
おもしろいですねー。出色は「そのためグーグルは、グーグルグラスというハードウェアを活用しています。みなさん、覚えていますか?(笑)」という発言ですね。ジョークにしつつ、しっかりと製品の活用ぶりを伝えるあたり、さすがグーグルという印象をもちました。

どれだけクラウド化しても、データセンターのインフラは人力で直すしかありません。まだロボットというわけにはいきませんね。

AmazonのAWSでは、高耐久の専用サーバーを使うのではなく、壊れやすいが安い汎用サーバーを使って、それを高頻度に入れ替えているという記事を読んだことがあります。細かい修理は熟練した技術者でなければできませんが、サーバーごと交換するなら手順にそえば誰でもできます。

おそらくGoogleもそれぐらい手順をシンプルにしているのではないかと思います。そうでなければ、さすがにグーグルグラスだけではうまくいかないのかな、と(指示する側のストレスが大きそうです)。どうでしょうか。
なるほど、そういう手がありましたか。これならリモートからでもデータセンターのメンテナンスができます。かつて話題になったモノを自社活用する。転んでもただでは起きない。そのノウハウとソリューションを使いこなしています。
ロボットではなく、人間によるGoogle Glassを用いたリモート作業。でもロボットに人間のような汎用度を求めるよりも一種現実的・効果的にも感じる。
Googleのインフラ部門に限らず様々な物理的な保守を必要とするところ、大部分は自分たちで出来ても、そうではない領域について分かる人にリモートで見てもらいながら作業をするという応用可能性があると思う。
グーグルのインフラ部門がコロナ禍でとった対応とそれまでに想定して行ってきた準備。この記事は多くの企業にとって参考になるところがあると思いますし勉強になると思います。これから、司令塔が遠隔で複数の拠点をマネジメントするようなケースは増えてきそう。そうなると、この手法はかなり有効になりそうです。
ここにきてGoogle Glass!!
価格やコンテンツが未成熟という理由から一般には普及しなかったGoogle Glassですが、いわゆるMRグラスはMicrosoftのHoloLensを代表に企業では実利用が始まっています。

なので、Google Glassが使用されているのも当然ではある。
MRグラスはまだtoB用途が多いですが、ポストスマホと呼ばれており、toCが本命。
XR業界の自分としては、自社の実利用で洗練されたGoogle Glassが、toCの世界に殴り込む、そんな未来を楽しみにしています。
グーグルはビジネス開始当初はデータセンターの場所を非開示としてきましたが、いまは開示されています。これはデータセンターが1つ攻撃されてもしっかりとカバーできる体制が整ったからと伺っており、まさに記事のとおりかと思います。記事にある「グーグルグラス」ですが、ビジネス用途というのは現実的な着地だと思っており、グーグルグラスがまだ生きていたことを嬉しく思う反面、やはり世の中を一変させるようなイノベーションをグーグルには期待してしまうため、グーグルグラスを賭けた人々が街中を歩いている姿を期待してしまいます。
きちんとシミュレーション、それを継続すること、データに基づいて行動することん大切さを感じます。

グーグルグラスを活用しての、エッジ・ローカル・現場と、専門家との組み合わせでの対応は、Googleのインフラだけではなく他の多くの分野に共通になっていくのでは。おそらく最初はもどかしくたいへんだったと思いますが、大変参考になります。

コロナで、稼働のピークよりそのピーク時間の継続に変化がおきていること、こちらも興味深い。人々の時間も有限ですから、このような変化が起こっているのですね。さらに、人々の暮らし方・移動の変化、これからの動向にも注目していきたい、そう思いました。
ハードウェアにGoogleグラスを使うのはさもありなんだが、むしろ事前に下記を共通認識にして潰しておいたのはさすが。

----
もうひとつは、すべての課題点は最後は「個人」に落とし込まれるという点です。

例えば、米国では送電網のトラブルも考えられます。これはテストの一部なのですが、発電機が用意されていて、データセンターの電力をバックアップできるのは当然です。

では、その発電機の燃料を誰が運ぶのでしょうか。
何百メガワットになる発電機を動かすためには、即座に給油トラックを手配するため、20億円(約2000万ドル)の予算を決裁しないといけないのです。

じゃあ、だれに決済権があるのか。ああ、しまった、これはマウンテンビュー(グーグル本社)の人しかできないじゃないか、という点に気付くのです。

家からリモート勤務しようとしたら、十分なネット通信のスピードがなかったり、セキュリティキーがなかったりもする。
こうしたテストを、グーグルは毎年続けてきました。そして近年は、1年間に複数回行なっています。