新着Pick
87Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本には人種差別的な歴史がなく、それ故に「何か違う」という印象を受けるかもしれませんが、ここ数年で増えた外国人労働者や観光客が目にしてどう思うのかといったことは想像する必要があります。
美しさとは何か、生物心理学と社会心理学の境界線はどこにあり、価値基準としてどこまで引き直せるものなのか。
最終的には「服を選ぶみたいにそれぞれの美しさを選ぶ」で良いとは思うものの、人種差別の問題とリンクしてしまっているうち、強いバイアスを生んでいるうちは必要なアクションのような気がします。
思想的な成熟と考えるとネガティブなばかりでもないかと思います。
スキンケアで「美白」。この文言は今後無くなっていくのかもしれません。商品名からもなくなるでしょうし、広告でももちろん、雑誌でこの特集も難しくなるのではないでしょうか。
東アジアでは、はっきりと”シミ対策”と書くのでしょうか?
明るいの代わりの言葉は、なかなか良いのが無さそうです。

業績