新着Pick
82Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだ全容が分からないので何も言えませんが、銀行を通じた監査法人と企業の癒着だとすればまた監査法人の独立性の議論やビッグ4の解体にも火がつきそうですし、政治的な問題に発展していく可能性があります。

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO56168570Y0A220C2000000?s=5
ドイツ、保守的なようで意外にこういうことが起こる。
たしかマイケル・ルイスのどれかの本だったと思うが、サブプライム時に関連商品をドイツの小規模な貯蓄銀行・信組が意外に買っていたというようなのも出ていた記憶が…そしてDavidさんがコメントされている某企業はずっと気になっている…

<追記>Davidさん、ありがとうございます!それですそれです!<追記終>
「レッチャー氏はEYで20年間の勤務歴があり、当局提出文書によると、2015-17年度のワイヤーカード会計監査を監督した。18年に退社し、訴訟や規制上の問題で苦しんでいたドイツ銀行に最高会計責任者(CAO)として移籍した。」
闇が深いように思います。続報も気になるところ。
監査法人の癒着に関しては、今まで聞いたことがないようなレベル感ですね。
かなり絶句…
ワイヤーカードはサードパーティーに決済を提供しているはずなので、サービスに支障をきたすところも出てきますね。

しかし、どんな手法の粉飾をしたかはまだ分かりませんが、監査法人も含めて癒着していたら、内部告発してくれないと表面化しないです。
片棒を担いだであろうEYは存続が相当厳しいんじゃないかな。会計監査にとって最大のリスクは国の介入なんだよね。JDIしかり。
アーンスト・アンド・ヤング (Ernst & Young、略称EY) は、ロンドンを本拠地とし世界各国で会計、税務、アドバイザリー・サービスなどのプロフェッショナル・サービス事業を展開するサービス企業である。 ウィキペディア

業績