新着Pick
459Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
以前、VRのデモで野口さんとお会いする機会がありました。VRの体験は全く新しい体験で、普通驚きがまず反応として返ってくるのですが、野口さんは冷静に
分析しコメントしてくれました。訓練で慣れているのかなと思っていたのですが、宇宙体験が強烈すぎて、いろいろなことを冷静に受け止められるようになるのかもしれません。いつか「宇宙での体験が及ぼす内面世界への変化をしっかりとした学問として成立させよう」という夢が形になったら、学んでみたいです。

"国際宇宙ステーションの窓からも地球は見えていましたが、宇宙空間に出て行った船外活動の時に見た景色が特に印象的です。

そうすると、我々はあたかも空飛ぶ船を作って、悠々と地球という海原を航海し、僕はそのマストの一番上から、地球全体を俯瞰して「高みの見物」をしているような体験です。ここに今いられる人類はこの瞬間、僕しかいないなという感覚に浸りました。"
昨日も書いたけど,「有人宇宙飛行」って要らないよね.なんで,宇宙,月,惑星にわざわざ「人」を送らないといけないの? 無駄だよね.ロボットで良いじゃん.日本のロボット技術なら,月や火星を一番で開発できるよ.「有人」でなければいけないなんて誰が決めたの?
航空宇宙に見を置く者があえて逆張り。
でも、感情に訴える以上の理由が今のところないのがわかります。
そこに山があるから登る的な
宇宙から見た地球や星たちの美しさは、人間の感性にどんな影響を与えるのか。人体の器官にどのような影響を与えるのか。次世代のDNAは変化するのか、しないのか。そんなことを考えながらこのレポートを拝見しました。
「宇宙体験があまりに強烈だったために、戻ってきてから「あの体験は何だったんだろう」と、様々な形で探求しているのではないでしょうか。
飛行士といえど、ほとんどの人は2回、3回と宇宙に行く機会はありません。
だからこそ「あの日見た光景は何だったんだろう」と、答えを探し始めるのがきっかけなのではないかと思います。」かつて読んだ立花隆のルポ「宇宙からの帰還」を思い出した。宇宙から地球を眺めたることは、いわゆる『神』と同じ目線で物事を鳥瞰するキッカケになるのでしょうか。
この連載について
テクノロジーの話題に関するNewsPicksオリジナルのインタビューやレポート