新着Pick
52Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
残念なニュースであり、あってはならないことです。

ただ、一言懸念点を挙げるとすれば次に来るのは不合理と思えるほどのチェック体勢。そのために研究者や事務にどれだけのコスト負担をさせているかわかっているの?と問いたくなるようなものも。

「不祥事を起こしたのだから仕方ない」と思われる方も多いと思います。例えば、みなさんが出張するときに下記を求められたらどう思われますか?下記にあるのは実際に行われているか行われていたことで、一組織でのことではありませんがたとえ話です。

・新幹線チケットは通常機械に吸い込まれるが、窓口にいって事情を説明し証明印をおしてもらい、提出しなければならない
・ホテルは領収書の他に宿泊証明を出してもらって提出しなければならない
・訪問先ではその組織の人と訪問先を証明できる場所で写真をとって帰ってこなければならない(なので、会議室とかではなく入り口の企業ロゴの前などで)
・現地では必ず買い物をし、そのレシートを提出しなければならない。
・アポ取りのメールを保存し、それを提出しなければならない(逆に過去にはこれを悪用した案件もありました)
調査結果
www.kyoto-u.ac.jp/ja/about/events_news/office/kousei-chousa/news/2020/documents/200626_1/01.pdf

「チンパンジー用の大型ケージを扱える業者は限られており、そのような業者に依存した関係 を保つことで長期にわたって研究を続けてきたという実態がある中で、取引先業者は本学との これまでのチンパンジー用ケージに関連する取引において多額の赤字を抱えていると主張して おり、教員に対して赤字の補填を要望していた。」

とありました。

コレ、この方々だけでなく、ニッチな領域で研究を行う方々に起こりうる事態、ではないでしょうか…

どんな事情があったにせよ、不正が許されるわけもなく、ルール遵守の徹底、監視の強化が行われていく、わけですが、それだけでなく、ニッチな研究領域でいかに関係者が共存共栄していくのか?という問いに答えていく必要がある、と感じました。
いろんな組織の不正って増えてるように感じるんですが、どうなんでしょう。もともと日本は不正だらけ・なあなあの国だったところに、コンプラという概念が持ち込まれて強まってるから立件が増えてるのか。あるいは、経済が貧しくなってるのに豊かな時代の感覚、生活様式、雇用(給与水準)から変われないことのひずみで、無理して不正が増えてるんでしょうか。お金がないのに無理したり、成長してないのに成長してると言ったり。京大の素晴らしい功績ある教授が、近しい特定業者のために自分の名誉を棒にふる行為をする構造は何なんでしょう。
学長!
任せっきりだったのか、管理が甘かったのか。非常に大きな金額の不正であり、驚きます。