新着Pick
33Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
記事がミスリードな可能性があります。
『性的暴行』と女性が申告するケースでも、
実際には、すべてがいわゆるレイプを受けた場合だけではなく、

不倫で妊娠したり、相手が分からない妊娠を『性的暴行を受けた』と言っているケースも現実にはあります。

相手がいる場合、男性側は妊娠継続を望んでいるかもしれません。

誰との子か分からない妊娠であったとしても、安易な中絶が許されるわけではありません。

本当の『性的暴行』による妊娠の場合は、普通の産婦人科医は適切に対応しているはずです。

しかしながら、上記のような可能性があるため、性的暴行として警察が介入している場合以外は、判断は慎重にならざるを得ません。

こういった側面もあるということを、知っておいて頂きたいと思います。


性的暴行いかんにかかわらず、女性が望まない妊娠で悩むことのないようにしていきたいと心から思います。

避妊をすることもですし、
万が一レイプの被害にあった場合でも、緊急避妊薬によって妊娠のリスクを下げることができます。

避妊については、女性が求めても男性が応じてくれないこともあり、それで妊娠した場合など、女性としては、性的暴行と同様に扱ってもらいたいのが正直なところと思います。

『避妊』はセックスする上での最低限のたしなみであることを、男女ともに、共通認識になってほしいです。
産婦人科医であれば当然知っていなければならない知識です。

こういう「当然のこと」を知らない医師が驚くほど多い。

せめて、自分の専門分野くらいはしっかり勉強しましょうよ。
日本放送協会(にっぽんほうそうきょうかい、英称:Japan Broadcasting Corporation)は、日本の公共放送を担う事業者。よく誤解されるが国営放送ではない。日本の放送法(昭和25年法律第132号)に基づいて設立された放送事業を行う特殊法人。総務省(旧・郵政省)が所管する外郭団体である。 ウィキペディア