新着Pick
241Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
前回のラウンドのバリュエーションが $3.1Bなので、救済的な意味合いが強そうですが。色々と想像を掻き立てますね。

- 2014年設立。本社 San Francisco。
- これまでに$955M調達。前回ラウンドのバリュエーションは、$3.2B
- 社員1,000人
- San FranciscoとLas Vegasでテストをしていたが、ロックダウンの影響をもろに受けて、ドライバーなどを全て解雇している。
- Teslaから入社した社員が機密情報を持ち込んだということで訴訟となっている。
- Amazonが何に活用するかはまだわかっていません。ただ、自動運転による配送もしくは、技術の一部を倉庫内などで活用するのではと言われています。
- Twitchなどと同様に、独立した会社のままで運営されるとみられています。
- Amazonは、自動運転技術のAurora Innovation ( https://aurora.tech/ )、電気自動車の Rivian ( https://rivian.com/ )などにも出資をしています。

まだなんとも言えませんが、COVIDの影響をもろに受けた自動運転スタートアップを、Amazonが大規模なAcqui Hire的に救済したというディールのように見えます。詳細は続報を待ちましょう。

ただ将来的には、Rivian x Zooxみたいなことが起きて、イーロンマスクが考えているような「全テスラのロボタクシー化」(自動運転化されたテスラには、「シェアボタン」をつけると言われている)をRivianも推し進めて、「Rivianは週末はレジャーに使われて、使わない日はAmazonの荷物をせっせと自動で運ぶ」なんてことはリアルに起きそうです。2025年くらいでしょうか。
宮田さんの予想に賛成。(1)コロナ前から、独立系自動運転ベンチャーの破綻が相次いでいた(2)コロナ中、今こそ自動宅配ロボの出番!と自治体がロボ導入するパイロットが各地で相次ぎ、かえって「思ってた以上にこりゃ使えないわ」とみんなにバレてしまった、という状況があります。

アマゾンは自前の配送フリートを強化中ですが、自動化については配送センター内でのロボット活用(2012年に買収したKiva→アマゾン・ロボティクス)を全力で推進中。ここに、zooxをacquihireしたという感じかもしれません。

長い時間軸ならありだがベンチャーの時間軸では無理。自前主義の自動運転ベンチャーとして最後の砦が崩れて、自動運転開発は、既存自動車会社やWaymoのように、20年ぐらいおカネと時間をかけられる企業でないとできないという流れのようです。
コロナによるDX加速で最も恩恵を受けるパブリッククラウドの雄アマゾン。倉庫や店舗にとどまらず物流の無人化も急ピッチで進めてきそう。アマゾンにとって1,000億円は営業CFの1週間分にすぎないから、リスク殆どない投資額 #アマゾン #自動運転 #米株
結局Amazonの買収でDone。とはいえ報道が出た下記でコメントしたように、自動車メーカーと提携しておらず、また資金調達が厳しい状態だった。
示唆されることは厳しい状況だが、そこをAmazonの資金など含めてターンアラウンドして、Amazon自体のコアを強化できるか?
https://newspicks.com/news/4938695
人を運ぶより、荷物を運ぶ方がハードルは低いですし、自動運転の先駆けになるかもしれませんね
amazonが、自分で理想のデリバリーを実現するための駒を、ひとつ、ひとつ揃えている感じですね。

EV:Rivian
自動運転:ZOOX
製造:Ford

そう考えると、これからの動きが見えてきますね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
Amazonがついに自動運転技術を手に入れた。Amazonの配送トラックにこの技術が搭載されると、すでに配送ルートまでナビゲーションされているけど、将来的には全自動配送トラックが走るのかもしれない。
一応自動配送や労働者への待遇の改善に役立つとも。結果的にAmazonは必要、しかし脆弱の議論にあるように、Amazonはより批判的にさらされないよう、自動化に舵を切っていくのでしょう。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム・インク)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database(IMDb)などを保有している。アメリカ合衆国の主要なIT企業で、GAFA、またFAANGのひとつである。 ウィキペディア
時価総額
170 兆円

業績