新着Pick
68Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
リモートワークの懸念点として、
-「人材育成が難しくなる」(39.0%)
- 「業務の進捗が遅くなる」(32.0%)
- 「売り上げや達成率などの成果を維持しづらくなる」(28.3%)
がトップ3として挙げられています。

もちろん、業種や職種にもよると思うのですが、リモートワークでこうした懸念点を解消する方向性で取り組むべきではないでしょうか

実は気付いていないだけで、オフィスで働いていても、実はこうした課題が潜んでおり、それがリモートワークで表面に現れただけかもしれません。
マネジャーとしての資質に課題あり。

変化を嫌い、新しいことを試みようとしない。そんな人たちが、2割もいるということですね。

前例踏襲や型にはまったスタイルでしか働けない人は、淘汰される可能性がありますよ。

変わることに、柔軟かつ積極的に挑戦しましょう。
「リモートワークを続けたい」が5割近くある方に焦点を当ててほしいと思います。否定形のタイトルの方が目を引くのかも知れませんが。
どちらも5割前後の人が続けたいといっているのは面白いですね。ただ、マネージャーやメンバーの意向も非常に大事だとは思いますが、テレワークによって、パフォーマンスが結局どうであったのかの検証が必要なのかと思います。コロナ禍で業績等は連続性が担保できず比較はできないかと思いますが、生産性やアウトプット等のパフォーマンスがどの程度かわったのかを検証できたら面白いですね。また、「テレワークをするorしない」の2択ではなく、テレワークをオプションとして導入前提とした際のオフィスで集まる意義やオフィスワークの意味等を再検討していくことがマネージャー達には求められているのかもしれませんね
タイトルおかしいでしょ。
47.3%がリモートを続けたいと言っている。