新着Pick
2Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ピーナッツや豆菓子だけでなく、4歳未満の小児に関しては39mm未満のものは誤嚥のリスクがあります。イメージはトイレットペーパーの芯の太さ程度が目安です。

ピーナッツに関しては、小さな『クランチ』でも気道に入ると重症の化学性肺炎を起こします。ですので、ピーナッツバターもクランチタイプは避けることが必要になります。

一方で、スムースタイプのピーナッツバターであれば、乳児期に開始することも可能で、むしろピーナッツアレルギーの発症予防になることが分かっています(※)。
※ JAMA pediatrics 2017; 171:100-.

リスクを認識しつつ、日常生活に取り入れることができればいいなと思います。