新着Pick
190Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
社会に出てから大学に行く、というコースは学ぶ目的が明確で、身につくでしょうね。大学というレジャーランドに行くのが目的になっている人との差は大きい。
データサイエンティスト・シバタアキラ氏の連載第2回です。
---
急成長を遂げる米ベンチャーDataRobotの日本担当チーフデータサイエンティストとして「AIの民主化」を推し進めるシバタアキラ氏。

そのミッションをつかむまでのキャリアは異色だ。高校を中退し、ミュージシャンに憧れた10代を経て、ロンドン大学とニューヨーク大学で素粒子の先端研究に従事。ボストン コンサルティング グループに転じた後に起業。「絶望の時」を経て天職に出会った。

高速で成長を続けるシバタ氏の思考と哲学を追う。(全7回)

■第1回 「AIの民主化」を目指すデータサイエンティスト
■第2回 高校中退、フリーター生活で世界の広さを知る
■第3回 ロンドン大学でデータサイエンスを「体感」
■第4回 「3年先は闇」の人生を生きていたい
■第5回 仲間の拒絶、創業した会社から自分が去る絶望
■第6回 自分を「急成長」させる2つの条件
■第7回 未来は追わない、未来を創る側に行く
シバタアキラさんは、すばらしい方です、間違いありません。

ただ、シバタさんの人生論や、キャリアからは何も学べません。

簡単な話、真似をしてもシバタさんのようにはなれないからです。

こういった、すばらしい方から、一般の我々でも学べることを聞き出すことがメディアだとすばらしいですね。

成功談や、波乱万丈の人生は、読んでいて楽しいし、感動しますが、学べるものがないことは残念です。

NewsPicks編集部には、成功談ではない、学びが得られる記事を期待したいです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
この連載について
ビジネスや働き方が多様化し、正解がない時代に、自分を信じて一心に仕事をする人たちがいる。そこにあるのは独自の「哲学」だ。仕事人のヒストリーをたどり、道標となった哲学を浮き彫りにしていく。