新着Pick
138Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
若い世代が多いようなので、重症化する方は少ないと思われますが、これがひとたび高齢者のコミュニティにクラスターが発生しはじめると、また医療が逼迫する事態になりかねません。

あまり不自由のない今の生活を続けるために、ちょっとした心がけを今しばらく続けましょう。

密を避ける、手洗いや消毒、大勢での飲み会は控える、などをすでに心がけている方は、それ以上自粛する必要はなく、現状維持でよいと思います。
流行の指標の1つとして検査陽性率がありますが、最近数日の東京都の検査陽性率は2.1~2.3%と、1%前後であった5月下旬よりは高い水準になりつつあります。これは、「検査を行うハードルを下げて幅広い人に検査を行った」、というよりも、シンプルに「感染が疑われる人に検査を行った」結果と解釈できます。
https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/positive-rate/
ポジティブに捉えれば、不必要な検査はそれほど増えていない、ということにはなるでしょう。

アメリカではトランプ大統領が「検査をたくさんすると、それだけ感染者も多く判明する。」「だから私は『検査のペースを落とせ』と言ったんだ」と数日前に発言し、物議を醸しています。不都合な現実を見たくないという気持ちのバイアスがかかりすぎるとこのような発想に至ってしまうのかもしれません。日本の政治家にはこうなって欲しくはないです。
検査が増えたから感染者が多く見つかったという側面と同じくらい、感染者とその濃厚接触者が増えたから検査が増えたという側面にも目を向けることが大切です。

物事を一面的に見ると間違えます。医療機関は”Assume the worst”、最悪のシナリオを想定して準備をしますが、私の所属施設は、一旦閉鎖していた感染者病棟を再びオープンすることを決めました。重症者が再び増えるかもしれないという予測があるからです。

厳格な規制が敷かれていない以上、過度の行動抑制をする必要はありませんが、特に都内にお住まいの方は、日常で持続可能な感染予防策の徹底を、引き続きお願いいたします。
記事については何も言うことはないけど、コメントでPCR検査数が増えたからだと言う嘘の情報を流してる人がいたので、東京都の検査数についてのリンクを載せておきます。

検査数は5月から毎日千人以上されてますね

https://stopcovid19.metro.tokyo.lg.jp/cards/positive-rate
明らかに増えて来てますよね。3月下旬水準。100件超えたあたりから緊急事態宣言を出すような要望を出し始めていたが振り返って見ればその前の3月にピークは来ていて、自宅待機の効果がないという話になっている。

ということで今が第2波のピークなんでしょうか?
馬鹿の共通点は分子しか見ないこと