新着Pick
237Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
インバウンドが回復するには1年はかかる、との見解。政府が2020年の目標に掲げた4,000万人のインバウンド達成は、2021年になりそう。その後6,000万人、8,000万人に増えるという見立てです。そこで販売するのは日本の「食」。チャレンジし続けていますね。
ラオックスというと、秋葉原の家電量販店から中国人向けインバウンド免税店に変貌した会社というイメージ。会社の近所にある銀座通りの店舗はまさに、中国人観光客のホットスポットになっていました。コロナ禍における業績影響は深刻だと思います。今後は日本人向けにも食品販売などを行うとのことですが、だとすればこれを機に屋号も変えてみてはと思います。Laoxと見て店舗に足を運ぼうと思う日本人は少ない気がします。
今回の新型コロナウィルスの影響がどの程度長引くと判断するかは最大の経営判断ですね。一時的なもので戻ってくるという期待で株価はコロナ前の水準まで戻りつつあるでしょうが、事業/企業継続のために従業員のリストラや店舗閉鎖まで手をつけないと立ち行かない企業もあるのも実際のところでしょう。需要が戻った際のリカバリーをどのスピード感でできるのかは、どの程度ここで踏ん張れるかになりそうですね。ただ、インバウンドはやはり厳しいというのは記事のとおりかもしれません
インバウンドの売上比率が低かったのは意外でした。
本当に一本足だったら社員半分辞める、だけでは済まなかったとおもいます。
収益源だった団体旅行客はコロナ前から落ち始めていたので、これから食に振ってどういう動きになるか注目です。
この連載について
新型コロナは人々のライフスタイルを変え、経済・社会全体が変革に迫られている。特に、日常の働き方や消費スタイルは大きく変わりつつあり、ポストコロナ時代に向けた「ネクスト・ノーマル(次なる日常)」が始まろうとしている。その新たな未来のヒントを探る。
ラオックス株式会社(英語: Laox Co.,Ltd.)は、全国41店舗(2016年5月末時点)に免税店を展開している大手総合免税店兼家電量販店。2009年に中国の大手家電量販店を運営する蘇寧雲商の傘下となった。社長は羅怡文。 ウィキペディア
時価総額
161 億円

業績