新着Pick
218Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事は日本企業向けではなく、全世界向けですよね。だとすると、「世界標準」「ジョブ型」「DX」といった世の中のはやりにを取り入れているはずの欧米企業も同じ悩みを抱えているということで、結局自分たちの会社の働き方を自分たちでゼロから見直すことが大事なんだと思いました。
以下が「4つの柱」ということです。一番むずかしいのは「2」だと思います。

働いている姿を、ほとんど観ることなく、正確に、その業務成果を測定することは、従来からのやり方を根本的に変えないと難しいです。

そして、それが、テレワークなどを日系企業が導入する上での大きな課題になっています。

(以下、記事中からの引用)
1つ目の柱:柔軟な勤務時間
2つ目の柱:データを根拠とした評価指標
3つ目の柱:社会的インパクト
4つ目の柱:裏表のない人間関係
働き方の未来がどうなるかは誰もわからないが、時間や場所の制約なく働けるが、アウトプットがより求められる。
言い換えると、会社に貢献している社員とそうでない社員が明確になる。自由な働き方を得ることができるが、成果を出さない社員は淘汰されていく可能性もある。
また、会社へのロイヤリティやチームへの帰属意識や一体感、職場の信頼関係などをどう構築していくのか、ここにも課題がある。