新着Pick
64Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
拙記事です。

セクハラ問題に揺れるストライプが、中国市場から撤退します。
アリババの日本法人と提携して仕掛けたニューリテール戦略は成果を見るのが楽しみだったのですが、いろいろ残念です。投資・回収計画も野心的過ぎましたね。

海外系ブランドが続々と撤退している中で、「ユニクロ」と「無印良品」はコロナの影響からも回復しつつあり、強さを見せているとのこと。

一方で、中国市場への参入を決めていた某ファッション・アパレル企業も、このタイミングでは難しいと、出店を延期しています。

当面、越境ECで対応することになると思いますが、むしろ、先行してデータを集めたり、中国向けの仮想D2Cブランドとして展開したりすると、予期しない面白い成長発展ができたりするかもしれませんね。
アパレル業界への愛を感じるすごく良い記事でした。

アースミュージック&エコロジーは台湾に30店舗近く、タイにも10店舗以上展開するなど、もともと海外展開も積極的で、知見がない中で火傷したような構図では決してないと思います。
台湾法人の社長夫妻が中国立ち上げのチームビルディングをするなど、プロジェクトの進め方も含めて肝煎り感のあるものでした。
記事でも2019年度で収支がブレークイーブンになったとあり、めちゃくちゃ残念。悔しい思いをしている方も多いかと思います。
コロナの影響もあり、キャッシュフローが悪化しているのは大抵のアパレルに共通するところで、各社止血を迫られているような状況。どうにか耐え忍んでほしい…。
数年前までは日系女性アパレルでうまくいってる例の一つに挙げられていただけにちょっと悲しいですね。
そもそもECなマーケット見てても韓国系が日系の10倍以上マーケットの大きく、そもそも日本風、日式のアパレルと欧米スタイルの違いがいまいちハッキリしないのでなかなか難しいです。
仮に流行ったとしても、すぐに同じような服をローカルに安く作られたりするので、ユニクロレベルまでブランディングするか、超付加価値の高い商品を仕込むとかしないと中国で中長期的に成長し続けられないかと思います。
これからアパレル→化粧品の順番で撤退するブランドは増えてくると思います。インバウンド・爆買い貯金が底をついたので、これからはガチンコ勝負してかないといけないです。