新着Pick
544Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
Googleの「中の人」たちへの取材を基に、クイズ形式の記事を作ってみました。ぜひ四角いアタマを丸くしながら、インスピレーションを感じていただけたらと思います。

初回は、地球上に20億人いるといわれる、住所のない人、うまく機能しない住所しかない人に、どうやったら新しい住所をあげられるかというお話。Googleがどのようにして、シンプルで、スケーラブルな方法を取ったかの解説も付いています。

けっこう驚いたのは、新しいデジタル住所が、選挙権の登録であったり、銀行口座開設の根拠となる、法的なデータになっている国やエリアがあるということ。ぜひご一読ください。
住所を与えるという試みは例えば下記のようなものもあります。

全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」、ソニーのファンドから資金調達
https://newspicks.com/news/3442948


と紹介していて思い出したのですが、マップコードはもう過去の遺産になってしまったのでしょうか?調べてみてわかったのですが、これもDENSOの技術ですね。

マップコード
https://www.denso-communications.jp/mapcode/
タクシー配車もデリバリーも2.5㎡まで絞れると、玄関口まで特定できてありがたい。
郵便や宅配は現地配達員のノウハウにより間違えることはあまりないですが、日本でも同じ番地に複数の住宅がある場合は多くあります。

xx番地なんですが、隣のxx+1番地で検索してきてくださいって会話が不要になるなら、住所地にするまでもなく、Google MAPとしての利用だけでも、とても便利だなあと思いました。
住所にリーフフロッグがあるとは思いませんでした。先進国の場合、住所を住民票に記載しないとマネロンの温床になってしまうので無理ですが、確かに公園内の待ち合わせや迷子対策には有効かも
戸籍がまさにそうですが、何もないところに記号を振って管理するというのは権力の象徴。それだけではお金になりませんが記号を振る事で徴税できるようになり売買の対象になるからです。ただし、恐ろしく手間がかかるので誰もできないから権力の象徴です。
発展途上国にとってはGoogleさまの方が政府よりもありがたい存在になるでしょうね
分野:グローバル高精度マッピング
おすすめ度:★★★☆☆
キーワード:「住所」と「目的地」の大きな差

個人的には、「what3words」の方が、簡単に覚えられるので、好きですが、郵便などの配達を考えると、こちらの方が「住所」としては便利そうです。

what3words
https://ja.wikipedia.org/wiki/What3words

「住所」というのは、「住むところ」という意味が強いのですが、「目的地」ということを考えると、やはり「what3words」に軍配があがるように思うのですが…Googleのマッピングは覚えられない。

そういった意味では、「住所」と「目的地」の差は大きいということですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ってか記事の本題より最初に出てくるカルカッタの航空写真が衝撃。近代的なビル街のすぐそこにブルーシートだらけのスラム街、、、拡散が酷いのはアメリカだけじゃないのですよね。

今日ちょうど、カルカッタに住んでるインターン候補生と話しました。コロナやばいらしいです。こんなスラム街の状況じゃ、防ぎようもないですよね、、、

住所をあげる、とても良いことですが、それだけじゃもちろんこの目も当てられない格差を埋められません。どうしたものでしょう。
住所のない人の話から始まり、自分とはそれほど関係ない話だがすごくいい機能だと思いながら読み進めていて、東京の花見の場所となった瞬間に自分ごとになり、この仕組みがすごく便利なこと、多くの人にとってかなり使えるものだと感じました。デイビット・マーチン氏が言っている「発展途上国では、固定回線のインターネットを飛び越えて、モバイル・インターネットに行きましたよね。同じようなことが、住所の世界でも起こっている」もあり得る話だと思います。
住所の概念を覆す発想。応用の仕方はたくさんありますが、これを法的住所や公共サービス用として登録できるかどうかにも、国の新しい考えを受け入れる柔軟性や順応性が垣間見えますね。

そのうち、動く家(車とか)に住んでいても、場所を動いたら勝手に住所が変更されてる、なんてことが普通に起こりそうな気がします。
「Plus Codes」、知らなかった!
これはおもしろい。土地の所有権確定や相続などには使えないかもしれないが、ドローンやロボットを使った物品の配送や回収には十分活用できそう。様々なモビリティ技術と掛け合わせたら用途(そしてビジネスチャンス)は無限にある気がする。
とても社会的に意義のある発明。デジタル住所は正確に人のいる位置や、犬小屋の場所までも特定できます。世界共通のアドレスですね。