新着Pick
169Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
弊社でも原則リモート勤務、オフィスの縮小を決定しましたが、記事にもある通りオフィスを完全になくすというのは多くの企業で難しいと感じています。

弊社に限って言っても、事業戦略など複数名でディスカッションするようなMTGや、背景含めて深く共有が必要な場面では、やはり対面で顔や空気感を感じられないとコミュニケーションの濃度を上げられないと感じています。

一方でアジェンダの決まっている打ち合わせや、作業などはリモートでも問題なく進められるので、うまく会社の事業モデルやカルチャーに合わせてハイブリットな働き方の設計が求められると思います。
こういう動きは今後増加していくでしょうねえ。

オフィスの空室率があがり、REITは値下がりする。

不動産業界としては大変な局面にさしかかりつつあります。
返す話と、縮小した後の有効利用に関して、単純にテレカン頻度の向上にファシリティが間に合ってない問題があります。

コロナ前は、同僚のちょっといい?で集中削がれてましたが、
コロナ後は、同僚のテレカンがうるさくて集中削がれます。
記事でも言及されていますが、オフィスに求められてきた事の変化、特に今後は交流の要素が大きくなるのではないでしょうか。
リモートワークにおける企業カルチャーの浸透と定着は色々と工夫する必要があると思います。
この先には、意外とオフサイトイベントが増えると思います。やはりインテグリティが必要なので。コロナ でなければ運動会とか、脱出ゲームとか、あるいはスポーツ観戦、駅伝などなど。
リアルなお話。ベンチャーだからこそスピーディーな決断ができたとも言えるなと思って見てました。
また、個人的にはオフィス不要論は都市と地方の温度感の違いが非常に大きいなと思っています。地方だと不要論は雲の上のような話だと思っている人少ないです。
オフィスも人もリモートになったことで減らすことができるはずです。ネガティブに捉えるのではなく、その場の状況に応じて変化させていくことが大事だと思っています。
環境が変わったとき、シンプルに、それまでの当たり前を疑える感覚の大事を、改めて感じます。

空間が必要なことは変わらないものの、時間と立地を固定しておく必要がなくなった、と解釈しています。

今ある空間と用途の結びつけ方が変わる、そんな感覚を持っています。