新着Pick
389Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「何が正しいか」よりも、「どんな言葉が世間に広がることで、みんなが幸せになれるのか」を考えて発信されるのが、けんすうのメッセージ。
「目的のために手段を使うよりも、手段が目的化するほうが面白い」といった、独特のポジションをとれるのも、お金が回っているからかなと。本文でもその話題には少し触れられていますし(個人的には「全裸監督」を見ても思ったのですが)なんだかんだ言って才能だけでなく資金繰りはやっぱり大事だなあとベタな感想を持ちました。
けんすうさんがNewsPicksに久々の登場。ご自身が運営する漫画コミュニティサービス「アル」の裏側から、起業家としての思想までを存分に話していただきました。

noteが人気のことからもわかりますが、けんすうさんは言語化能力が群を抜いている。「勝っている人間は、面白くないん。ダメージを受けないように守りに入ってしまうから、次に強力な挑戦者が出てくると、戦うのが大変になる」という言葉は、コンフォートゾーンを抜け出す大切さを教えてくれます。

ちなみに聞き手には、YouTuberのサラタメさんにご登場いただきました。名著を20〜30分で解説するコンテンツで人気を博しているサラタメさんですが、その要約能力に舌を巻きます。

【21分で解説】シン・ニホン by 安宅和人|日本に残された唯一の道
https://www.youtube.com/watch?v=9WaPO8ZAPuQ
自己肯定感が低くても「人類肯定感」を持てば、ちょっと前向きに過ごせるのではないか
「何が正しいか」よりも、「どんな言葉が世間に広がることで、みんなが幸せになれるのか」を考えて出したメッセージ

これほんと大事だよなー。読後感として元気になれるとか勇気が出るとかは常に意識したいことです。
けんすうさんも、『言語化力』の三浦崇宏さんも、言語化能力の高い人は、漫画も含め、「物語」をたくさん読んでいますね。
言葉の「仕入れ」が豊富。
こちら、音声編集を担当させていただきました。
自己肯定感と幸せの関係、興味深いです。。。
自分を融かすのが上手。きっと。だからたくさん思いつくんですよねきっと。
確かに。仕事の幅も広がる。「なぜ投資を受けているのか?というと、関わる人が多いほうが面白いのと、投資してもらうことで責任が出るので、甘えがなくなるんです」
一見するとスローなテンポで情報量は少ない様に思うけれども、2人とも一つ一つへの思考が深いので、本質的な話が多くて面白い。
他人の資本を入れることで自らに縛りを入れる
これは面白いですね

なぜ投資を受けているのか?というと、関わる人が多いほうが面白いのと、投資してもらうことで責任が出るので、甘えがなくなるんです。
この連載について
NewsPicks人気連載が音声番組として復活。DMM.com亀山敬司会長がホスト役となり、毎回、経営者や文化人を招待。脱力系ながらも本質を突く議論から、新しいビジネスやキャリアの形について考えていく。
合同会社DMM.com(ディーエムエム・ドット・コム、英語: DMM.com LLC)は、ECサイト「DMM.com」を運営する日本の企業。 ウィキペディア