新着Pick

「銀河系には少なくとも36の知的文明が存在する」…ただし交信するには数千年かかりそう

Business Insider Japan
・我々の銀河系(天の川銀河)には、いま現在、少なくとも36の知的生命体による文明が存在しているとする研究が新たに発表された。 ・この研究では、通信技術をもつ文明の存続期間が100年と仮定されている。もしその期間が100年よりも長ければ、もっと多く、数百にのぼる地球外文明が存在している可能性がある。 ...
14Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
天の川銀河の星形成率や重元素分布などについてはきちんとこれまでの観測結果や物理学を考慮しているが(※)、惑星形成から50億年以上という条件や、高度文明存続期間(約100年間)の条件が、「天の川銀河の知的文明を持つ惑星の数が少なくとも36」という数字に効いている。しかし、これらの条件はシナリオ次第でどうにでも変わるので不定性が大きすぎる。全体として、発想は面白いけど信頼性が今一つな印象。

【※】arXiv
https://arxiv.org/abs/2004.03968
我々自身しかデータポイントがない時点で、想像力の限界が来る。想像の世界を科学で解決することは困難。どうせ現在の人間の文明ではわかることは限られているので、楽しく想像を膨らませている方が良い。
「いつか地球外の知的生命体からのメッセージが届くかもしれない!」ということを始めて知った時の興奮が蘇る。
大人になり、そんなことが現実に起こりうるのかという疑念と現実に起こらないことも証明できないという可能性の間を行き来し、現実に慣らされた今でも心がざわざわするニュース。

研究そのものにも別の観点での興味がつきない。
「36という数字は一番少ない予想だ。そしてこの数字は、知的文明は平均して100年間しか宇宙で通信する能力を持てる期間がないとして算出された。」と記事にあるが、通信する能力を持つ期間と、存在する知的生命体の数の算出の関係が直感的にはわからない。知的生命体を発見または交信できる可能性の算出、であれば何となく関係しそうな気がするが。研究論文を探してみようと思っている。
「はるか彼方の文明と通信し、向こうから返事をもらうためには、人類は6120年にわたって無線通信を維持しなければならないと研究チームは述べている」
凄いですね。。。桁が。だからこそ日々の研究が大事なのでしょうか。
関連記事一覧
「数が多すぎる」地銀の再編加速、システム共同化を見直す好機になるか
日本経済新聞
6Picks

「コミュニケーション可能な地球外文明は36ある」─科学者がその根拠を解説 | 地球から最も近い文明までの距離は?
クーリエ・ジャポン
5Picks

沖縄のオープンイノベーション活性化へ、地元企業ら36組織がベンチャーフレンドリー宣言を発表
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
5Picks

テスラEV世界販売が過去最高、5割増の36万台超え 2019年
レスポンス
4Picks

スズキの世界販売、3か月連続マイナス…36.3%減の19万8157台 2020年3月実績
レスポンス
3Picks

地球外文明は、宇宙にいくつある? その探索を難航させている「ある変数」の存在
WIRED.jp
3Picks

「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す研究結果
ニューズウィーク日本版
3Picks

ロボットと未来研究会「第36期最終発表会」埼大3/7・8
リセマム
2Picks

国際石油開発帝石(1605)、「増配」予想を発表して、 配当利回りは3.42%に! 過去3期で配当は2倍になる 見込みで、2020年12月期は「1株あたり36円」に! - 配当【増配・減配】最新ニュース!
Diamond Online
2Picks

【インドネシア】商用車展示会が3月開催、36ブランド出展[車両]
NNAアジア経済ニュース
2Picks