新着Pick
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どんな人?」「いい人」

よく聞く会話。当たり障りのない答えです。際立った特徴がない時に使われる、いい人。

そんなふうに言われたくないですよね。何か個性的の方が面白い。

相手によって、受け取り方が違うから、すべての人にとって、いい人なんていない。

すべての人に嫌われない超いい人がいたら、実はすごく多彩な側面を持っているはず。

考え方は人それぞれ、いい人という言葉を気にしないで、自分らしく生きましょう。
「いい人」ですか
本当に「いい人」って忖度や空気を読める人じゃなくて、本当にその人に必要なことを言ってあげられる人だと思います。
多分ここで書かれてるのは「お人好し」や「八方美人」ですね
かたや世の中の素晴らしいサービスは人の気持ちを有機的に理解するイマジネーションの上に成り立っているので、「人がどう考えているか」を想像する力が無用なわけではないと思っています。
分かった上でどのように自分勝手に振る舞うか、あえて空気を読まないか。それも大切。なぜなら空気を読みすぎると結果的に紋切り型のアクションしか取れないからです。
起業家やマーケターとして考えてもこういった観点は奥深く、取り組みがいがあると思っています。
「いい子」「いい人」を演じているのか、自然なのかは本人しかわからないのではないかと思います。他人から見ると演じているかのようでも、普通の気遣いをしているだけであったり、他人から見るとマイペースに見えても多大に気を回していたり。人はなかなかわからないものです。