新着Pick

「いい人」を演じる必要はない。人の目を気にせず生きるための心構え

ライフハッカー[日本版]
世の中にいい人は少なくありません。しかし人から嫌われたくないという理由でいい人になろうとする人がいるのも事実。 こう指摘するのは、『他人のことが気にならなくなる 「いい人」のやめ方』(名取芳彦 著、リベラル文庫)の著者。
268Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「どんな人?」「いい人」

よく聞く会話。当たり障りのない答えです。際立った特徴がない時に使われる、いい人。

そんなふうに言われたくないですよね。何か個性的の方が面白い。

相手によって、受け取り方が違うから、すべての人にとって、いい人なんていない。

すべての人に嫌われない超いい人がいたら、実はすごく多彩な側面を持っているはず。

考え方は人それぞれ、いい人という言葉を気にしないで、自分らしく生きましょう。
「いい人」ですか
本当に「いい人」って忖度や空気を読める人じゃなくて、本当にその人に必要なことを言ってあげられる人だと思います。
多分ここで書かれてるのは「お人好し」や「八方美人」ですね
かたや世の中の素晴らしいサービスは人の気持ちを有機的に理解するイマジネーションの上に成り立っているので、「人がどう考えているか」を想像する力が無用なわけではないと思っています。
分かった上でどのように自分勝手に振る舞うか、あえて空気を読まないか。それも大切。なぜなら空気を読みすぎると結果的に紋切り型のアクションしか取れないからです。
起業家やマーケターとして考えてもこういった観点は奥深く、取り組みがいがあると思っています。
「いい子」「いい人」を演じているのか、自然なのかは本人しかわからないのではないかと思います。他人から見ると演じているかのようでも、普通の気遣いをしているだけであったり、他人から見るとマイペースに見えても多大に気を回していたり。人はなかなかわからないものです。
日本で会社勤めをしている限り、人目を気にしないで生きていくのは、ほぼ不可能です。
同調圧力が強いですから。

意味のない仕事ばかりしている職場で、仕事を早く終わらせて、暇にしてたことありますか?
「サボるな」と言われたから、「サボっているわけではなく、意味のない仕事だからしませんでした」と言い返しました。
屁理屈だのなんだの言われて、職場のほぼ全員から嫌われました。
で、辞めてしばらくしてから、そこは潰れました。

前職も暇で意味のない仕事をしていました。
そこでは仕事をしているフリをしてました。
「なにか意見があったら言って」と言われても、何も言いませんでした。
建前で言ってるだけなので。
結果的に軋轢を生まずに、在職中は楽を出来ました。
そして会社が傾いてから、転職しました。

僕は嫌われることは構わないんですが、働いている間は好かれてた方が楽ですよね。
プライベートでは、バカ正直に意見を言って、合わない人は遠ざけます。
いい人=正しい、と言うことではないと思います。なにをもって「いい人」と言うのか? 相手にとって受け取り方が全く違うので、本当にいい人はいないはずです。ただ、そこに固執して「いい人になろうとしてい人」はたくさんいるはずです。人の評価を気にして「その人にとってのいい人になってしまう」と言うことですね。でも、それは長く続かないし、それよりも苦しくなってくると思います。よく言われることで体現していくのはとても難しいのですが「自然体」と「バランス」が生きていく上でとても大事だと私は思います。
周りから期待される人物像を演じるより、自分が理想とする人物像を思い描いて、それに近づくようにしたほうがいいでしょう。
→理想とする人ってどんな人と解像度上げると、結局役を演じるみたいになりそう。演じ方と心の持ちようが重要と思いますね。プロとして振る舞わなければいけないシーンは多々ありますし。
『他人が一方的に決めた理想像に応えるのではなく、自分が理想とする人物を目指す』

要は、
「笑顔で居られる自分ってどんな自分?」と自問し、
それに向けて目標を立てて行動するだけ。
他人の評価に振り回される人生は、きっと後から振り返ると後悔するだろうなと思います。