新着Pick
90Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、悪化させないために毎日薬を飲み続ける必要があります。大概の人は無症状のため、困っていない人に内服を続けてもらうのはなかなか難しく、薬を飲み忘れたり受診が億劫になったりしてドロップアウトしてしまう人は多いのが現状です。

「処方薬管理アプリ」でどこまで可能かははっきりわかりませんが、処方を得るまでのハードルが下がるだけでなく、内服を忘れないように通知をしたり、患者側は疑問に思うことがあれば質問するなど双方向的なやりとりが可能になるのでは。

日本ではいまだにお薬手帳を使った紙媒体でのやりとりが主体であり、早くデジタル化が普及してほしい分野です。
ウォルマートは元々独自の処方薬管理アプリを持っていましたが、オンライン薬局のケアゾーンが参入することで、どのように進歩するのかは興味深いところです。

米国では、医師が決めた回数だけ、医療機関の受診なしに薬の再処方を受けることができるため、ドラッグストアによる処方薬管理アプリの存在意義は大きいと考えられます。

オンライン薬局の参入により、アプリで薬が切れる時期のアラートが出され、アプリで処方のリクエストを出し、自宅で薬の受け取りができるというように、アプリで全てが完結するシステムが構築可能かもしれません。

日本でもお薬手帳アプリが普及しはじめ、最近ではアプリでお示しいただく方も拝見するようになりましたが、米国とは異なり、薬の再処方には必ず医療機関の受診が必要となるため、米国のシステムのようにはいかないかもしれません。オンライン診療などと有機的に結びつくようになれば、日本でもより普及することに繋がるかもしれません。
アメリカのリフィル処方導入する代わりに医師による減薬加算増やしたりすれば(まともな人たちにとって)みんな嬉しい制度になるのに。
ドラッグストア事業を長きにわたって手がけてというウォルマート。新たなヘルスケアサービスを次々と開発しているのだそう。
株式会社クリエイトSDホールディングス(クリエイトエスディーホールディングス、英語: CREATE SD HOLDINGS. CO., LTD.)は、神奈川県に所在する持株会社である。事業会社はドラッグストア(薬店)・調剤薬局を運営する株式会社クリエイトエス・ディー(英語: CREATE SD.CO.,LTD.)など4社である。 ウィキペディア
時価総額
2,489 億円

業績

業績