新着Pick
888Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
田中先生に私のキャリアを「プロティアンキャリア論」の観点から分析していただきました。

私自身は、普段から特別なことをやっているつもりはなく、
自分と向き合いながらやりたいことを見つけていき、
自分にしか出せない価値は何かを考えながら、
ただただ、目の前のことをこなして走っているので、
専門家の理論を聞けて、今後の改善点も見えたとても有意義な対談でした!

コロナをきっかけに仕事の「やらされ感」から脱却する方が増え、リモートやフレックスタイムを有効活用して、キャリアを自分のものにしていく方が増えることを願ってやみません。
無意識に自分で作ってしまっている殻を破ることの大事さを感じました。最近本業とは別にNPO関係のボランティア活動を始めようと思っていたところなのでリアルタイムで参考になりました。
「会社への帰属契約ではなく、自分が働く意味に重きを置いている。自己と契約をしているということ」、「 これを実践している人は、どんな組織にいても内的幸福感が非常に高いことが特徴です」そして「キャリアは会社に評価されるものではない。キャリアを決めるのは自分自身」
半世紀以上も前のマズローの欲求5段階説やハーツバーグの2要因説の時代から、自律的な自己実現の欲求の充足は、他者に依存する承認欲求の充足より満足感が高く限界も無いというのは変わらないようですね・・・ 働かされ承認される喜びには限界があるけれど、自己が求めるものの達成で得る喜びは、それ自体が次の自己実現の欲求に繋がって、汲めど尽きせぬ喜びと満足の連鎖を生んでいく。「プロディアン」は素晴らしい! (*^^)v
労働と仕事の差ですね。

仕事ができるチャンスは20年前よりは
確実に増えていると思う。

でも、行動できる人、している人は
全体の2割くらいなのかもしれませんね。

リモートになって、一層他責の人が増えた気がします。
プロティアンキャリアはアイデンティティ(自分は何がしたいのか)とアダプタビリティ(自分は何ができるのか)という2軸が大切とのことですが、

みなさんのコメントを見ているとそれだけでは現実的には難しい状況ですよね。

そうすると、
WILL(やりたいこと)
CAN(できること)
MUST(やるべきこと)
のフレームワークはバランスが取れていてキャリアを考える際にも有効な気がします。

特に最近は、「やりたいことをやろう」というキャリア論に乗っかって足を踏み外している人も多いので、個人的には、「得意なことをやろう」という視点の方が、自分の精神的にも世の中に対する貢献としても良いかと思います。
キャリア観の最新型として、変幻自在な「プロティアン・キャリア」があります。
自分の「心理的成功」のために働く①スキルを活かし経験を獲得するために様々な仕事をする②どんな場所でも自分のために働く③ことを指しています。
田中研之輔さんは今後誰もが身につける必要があると訴えています。

「新人以外はモチベーションで仕事してはならない」と先輩社員から言われてからというものの、自分自身の「働く意味」に向き合うことの大切さと難しさを学びました。
この記事でも触れておりますが、ふとした時に変化することもあるからです。

「いまの日常がこのまま続くという保証はどこにもない」
この考えは大学在学中から強く意識してきたことと重なる部分があります。
たとえば私の想像を絶するほどに、同世代の貧困化は進み、超高齢社会は経済を圧迫しています。

「何も行動しない限りは一生見つからない」
動きをやや制限されているように感じますが、オンライン上で発信をし続けている人がいるのも事実です。リアルだけが正解だと誤解するのではなく、安田クリスチーナさんのようにとりあえず動きます。
“スキルとチャレンジが適正な相関関係にあると、人はいわゆるフロー状態に没入していく。「え、もうこんなに時間過ぎてたの?!」というくらい熱中して働くことができます。”

こういう状態をどれぐらい経験できるか? その積み重ねがアセット。それが30年以上働いてきたものとしての実感です。
分かりやすく真っ当な記事です。

そして、既に自らの働き方を変えている人は、読まない記事で、変えようとしない人はスルーする記事です。

給料を得る、キャリア、自分の人生や暮らし。

この3つの内、どこを出っ張らせて、どこを自分で妥協するか、この辺りにポイントがあるように思います。

自分の暮らし最優先(今の会社は潰れないだろうスタンス)なら、『はたらく』を自分のものにする、なんて、多分、考えません。

なぜなら、会社は潰れないし、昨日と同じ事してれば給料は入るし、それで生活楽しめれば、何も余計な事することないし、、と思うでしょう。

自分にとって働くとは何か、変えるとはどういう事か、を、今のままで、変わらないままでいる、というのは、単なる勘違いで、そのままなら、今まで通り、楽しむことも出来ないかも!って事を、まずどう伝えるかが、ますます大切に感じました。
【コロナウイルスは関係ない‥】

拝読させて頂きましたか、コロナウイルスによる「プラス感染対策」という働き方‥とは関係がありません。未来の働き方のお話。
勉強になりました。
理想論だと思うしコロナでしっくりくる部分はありますが、収入は必要。上手くバランス取れるスキルを身につけて自信をもって動くことが重要だと最近感じます。。