新着Pick
132Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
HDIは、上位グループ内の比較はそこまで重要性はありません(指標の計算方法によって順位は入れ替わる、つまり指標計算方法に対する先進国の影響力競争に過ぎない)。

しかし、下位グループ各国が「どこまで最低限確保すべき生活水準を確保できているか」(健康・衛生状況、教育水準、経済状況)の現在地を一つの数字に集約したという点でとても重要な指標かと思います。

コロナは、国内政治の安定性、経済力、インフラ、医療体制による対応能力の差が如実に現れるので、十分な国際協力がなければ、持てる者と持てない者の間のHDI格差を拡大するでしょう。
豊かさ指数とは、国連開発計画が発表している「人間開発指数」のことで、所得ばかりでなく保健や教育などを加味した数値。コロナ禍で何れの指標も悪化することは想像に難くない。
https://www.jp.undp.org/content/tokyo/ja/home/library/human_development/human_development1/hdr_2011/QA_HDR1.html

なお、スコアが最も高いのはノルウェー、スイス、オーストラリア、アイルランド、ドイツ、最も低いのはニジェール、中央アフリカ共和国、南スーダン、チャド、ブルンジ。日本は189か国中19位。
まあ、構成要素のひとつである所得面から見ても、GDPが世界恐慌以来の落ち込みになりますからね。
ちなみに、リーマン時でも新興国はプラス成長でしたから。
経済の内的要因で産業や国々の一部に影響が出た近時の他の危機と違い、全世界的に人為的に経済活動を停止して一人当たり所得を落とし、学校を封鎖して教育が思うに任せず、感染で寿命が縮む人が出る状況ですから当然「1990年の統計開始以来初めて低下する」ということになるのでしょう。所得の増加をグローバル化による先進国からの投資に依存し、接触を断ちながら教育するインフラや延命措置を保証する医療体制が整わない開発途上国が相対的に深刻な影響を受けるのもまた、想像に難くありません。
世界が協調してことに当たれば世界全体の「豊かさ指数の低下幅を推計より抑えることが可能」でしょうが、ポピュリズムによる自国第一主義が蔓延して米国がWHOを抜けるという状況の中、G20が結束して対処したリーマンショック時のような動きも見られないのは残念です。
自然環境の破壊が進んで新たなウイルスが現れる頻度が高まっているとも言われるなか、企業も人々もサイバー授業、在宅勤務、遠隔医療、巣篭り消費等を最大限活用して豊かさを維持する体制を整えるべし、というのが新型コロナウイルス禍の一つの教訓かもしれないな・・・ (-_-)ウーン
確かに、コロナ禍による企業・個人所得の減少は過酷なものですが、途上国や、先進国の中でも低所得層においては生命の危険にも直結しています。

一方で、コロナ禍により今までの生活を見直し、新たな価値観に目覚め、心が豊かになった人々も多いでしょう。皆が助け合いや優しい気持ちを再発見できたなら、その先に解決策が見えてくるかもしれません。
所得、保健、教育は確実に低下し、(とりわけブラジルの低所得者層のように)コロナで亡くなる低所得者が増えているので、格差も拡大しています。

富める人たちもコロナ禍で不幸になってますが、貧困層はもっと不幸になっています。

つくづく、ワクチンと特効薬の開発が進むことを心待ちにしています。
「格差縮小のため遠隔医療・教育の普及に努めるよう国際社会に求めている」
格差には2種類ある。リモート教育によって先進国内の格差は広がるが、シビアな発展途上国と先進国の格差はそれが無い事によって広がっている。
豊かさ指数が1990年の統計開始以来初めて低下したとのこと。
「所得減少や教育水準の悪化などで、開発途上国がより深刻な状況に陥ると予測し「過去最大の後退」になりかねないと警告」
先進国でも非常に大きなダメージを受けていますが、開発途上国となれば立ち直ることは容易ではないと思います。
爆上げの人もいそう