新着Pick
210Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
数あるブランドの中から売場で選ばれるためのパッケージデザインと冷蔵庫の中や食卓で使われる際に調和するデザインは違うと思います。PBは自分達で売場の中でどう見せるかを出来るのだから、良い挑戦だと思う。豆腐は豆腐売場、牛乳は牛乳売場に並んでいるので、そんなに混乱が続くとは思えませんし、リピート購入される商品ですので、使われるシーンの方が重要だと思います。
ロハコもオリジナルパッケージデザイン商品が人気です。
https://toyokeizai.net/articles/-/167107
これ、どんな消費者調査したんだろう?というかよく設計されたまともな調査してないんじゃないかな…
フォード自動車のマネージャーが「調査に何億もかけるのは、そのあとの何千、何百億の(売り上げの)ことを考えたら当たり前だ」と言っていたがその通りだと思いますよ。デザインはこだわりのためにあるのではなく目的合理性のためにあることを忘れないようにしたいですよね。
パッケージの目的は
1、商品が何かわかる
2、ブランド戦略を反映している
に尽きると思います。
インスタでは、今までみなかったPBパッケージが上がっているので、新しい試みだなと思いつつ
コンビニを使うのはインスタ世代だけじゃないし、わかりにくいのはユーザー目線ではないですよね。

コンビニという全世代が使う商品なので難しさがあるなと思いました。
MEGURO DORIとか○○EKI とか、街でもたまに見るがあれは理解されているのか。
ブランドで大事な要素の一つは「視認性」
その商品が何なのか理解できない
ブランドリニューアルは愚策。。
消費者調査する前に分かる事だと思うんだが。。
どのぐらい滑ったのかよく分かりません。
デザイン自体はいかにもnendoらしく悪いとは思いません。 

問題があるとすれば、高齢者も多い顧客理解が不十分だったということでしょう。商品名が分かりやすく書かれていればデザインの評価も変わったと思います。
ターゲットと目的によりますよね。。
コンビニやスーパーに並べるものは、とにかくパッと見てわかりやすくて、食品であれば美味しそうなものが消費者にとっては良いのだと思います。
スタイリッシュかどうかではなく、分かりやすさ。
コンビニのお客様は消費者であって、お洒落を楽しんだり時間をかけて今日は何にしようかなってお洋服を選ぶ買い物客ではないので。
ターゲット顧客のプロファイリングができないデザイナーと組むと、こういったことになるという事例ですね。

デザイナーも、得意分野と、そうでない分野があるので、著名だからと言って、鵜呑みにするのはリスクがあります。

デザイナー側でも、発注側でもよいので、どちらかに「ターゲット顧客目線」の人材がいれば、今回の件は防止できたと思います。

それが、誰ひとりいなかったことが一番の課題ですね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
近所のローソンのオーナーさんは堪ったものじゃないという感じでしたが、とまれこの手の「デザインの敗北」の是非は、売上がどのように推移するかが全てと思います。今後の展開を生暖かく見守りましょう。
三菱商事株式会社(みつびししょうじ、英語: Mitsubishi Corporation)は、三菱グループの大手総合商社である。 ウィキペディア
時価総額
3.83 兆円

業績

株式会社ローソン(英語: LAWSON, INC.)は、日本の大手コンビニエンスストアフランチャイザーである。三菱商事の子会社として三菱グループに属している(三菱広報委員会の会員企業にもなっている)。 ウィキペディア
時価総額
5,085 億円

業績