新着Pick
947Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
学習する意味は、私は選択肢が増えることだと考えています。学習したことで、新たな扉が開く。

また、高学歴とは、「何も偏差値の高い大学や大学院に入ることではありません。人・本・旅で一生学び続けることです。大学院を含め、一生学び続ける人材が高学歴な人です。」

「教える」ということ 日本を救う、[尖った人]を増やすには https://www.amazon.co.jp/dp/4041087163/ref=cm_sw_r_cp_api_i_9FN9Eb4GK8QEN
勉強は、私はドラクエに例えれば手持ちの武器・防具や呪文を増やすことだと思っています。それらは闇雲に手に入れられるものではなく、ある一定以上の努力やレベルアップやGによってしか得られないもの。そして、それによって手持ちの選択肢が増えます。これまで難敵だった相手にも容易に立ち向かえるようになります。また、その過程で自分の持っている地図は大きく大きく広がり、「こんな広い世界が広がっていたのか」と認識できます。そして、冒険は決して終わることがない。
>だからなにかに「絞って」勉強をしなければならない。「まずこれだけ」というように、勉強を有限化するべきだ。

ひとつの事柄を深掘りして勉強すると、その周辺領域の理解も容易になります。
「脳の汎化」といいます。

小さい子どもに習い事をさせるのであれば、まず軸となるものをしっかり習得させた方が他の分野も伸びると言われています。

適度に中断させるのは、頭の中に入れ込んだ知識を熟成させたり他の情報と比較する余裕を与える意味で、きわめて重要です。

ということで、睡眠時間はしっかりとりましょうね(^_^)
プロフェッショナルの流儀風にいえば、プロとは、学びつづける学究の徒である、ということになるのでしょうね。

学ぶのは文字からだけでなく、職人の手捌きであったり、アーティストのパフォーマンスであったりする。

話術を学ぶには、繰り返し自分で言葉を発しつづけなければならない。そこに深みを出すためには、深く幅広い知識とともに体験も必要です。
特定分野の専門性を身につける事の有効性。
タテ方向に深追いする「追究型」を徹底していると、更なる追求には、ヨコ展開が必要な局面があると思います。
タテ方向に追求したレベルでヨコ展開に必要な人脈形成などが可能なので、タテ方向の追求は書籍でも言及されていますが、ビジネスにおいてもベースになりますね。
大好きな本だけに、この要約はいただけない。もっと面白くてヤバい本。

世間では「勉強ができる」ことを良しとされるが、それは実は「ほどほど」であって、「深い勉強」をして、ノリが悪くなることは先生も親も求めない。でも、それでこそ人は変身できる。だから変身したい変人は、有限化とか巧みに使って、勉強せいや。
というヤバい本。
勉強することの意味は、勉強することで、自分がわかっていないことを自覚することだと考えています。

勉強すれば、勉強するほど、自分がわかっていないことが多いことに気づくからです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
入門書を選ぶコツは、なるべくつまらなそうで地味な装丁を選ぶこと(例: ゼミナール)

>入門書を選ぶ基準は、それが信頼できる人物や機関の情報かどうかだ。
この連載について
本を読むことは、心を豊かにしてくれる。慌ただしい毎日のリフレッシュにもなるだろう。ただ、ビジネスパーソンには時間がない。そんな悩みを抱えるあなたにNewsPicks編集部が、本の要約サイト「フライヤー」とコラボし、話題の書籍の要約をお届けする。疲れが溜まってきた「水曜日」は、読書で気持ちを切り替えよう。
株式会社文藝春秋(ぶんげいしゅんじゅう、英語: Bungeishunju Ltd.)は、日本の出版社。東京都千代田区紀尾井町に本社を置く。 ウィキペディア