新着Pick
927Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ビジネス・ブレークスルー大の斉藤教授が解説するように、緊急事態宣言が解除され、再び出社するようになったことで、通勤時の満員電車がストレスとして感じられるようになっているのではないでしょうか。

しかし、会社に勤めているビジネスパーソンは、好き勝手に働き方を変えることは難しいので、「幸せ視点」で働くという考え方は面白いと思います。

「自分たちも仕事をするのが楽しいし、お客さんにも喜びを与えられる」という働き方ができれば、自ずとサービスも向上していくかもしれないですね。
お金=幸せ、という公式は成り立ちません。しかし、幸せに暮らすためにお金は必要。その稼ぎ方、使い方がポイントです。虚飾の世界では幸せはつかめません。
分かりやすい構図ではあるが、おカネと幸せとを対置させるのも単純化し過ぎかと思います。会社の稼ぐおカネはどれだけ他者を「幸せ」にしたか、の評価なので、堂々と誇っていい。ただし、働く人それぞれの「幸せ」の概念も様々であっていいから、それに合致するかどうかを見ることが大切でしょう。すなわち、大前提として、私たちひとりひとりが、自分なりの「幸せ」な社会の定義を一度突き詰めておく必要があります。
幸せに生きるって人生の目的そのもの。コロナ禍で一度立ち止まり人生を見つめ直す人が増えたのもうなずける。自分らしい幸せが実現できる働き方を見つけていきたい。
最後の部分を引用します…結果的には、あまり「提言」ではないような…
但し、記事中には、とても参考になる情報は書かれています。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
まず社内で聞いてみたら?
メディアは自浄作用がなくなったら終わりですよ。
考え方、会社の見立て方など非常に参考になる記事でした。
経営指標など定量的なものは別にして、個人的に会社を見るときに注目しているポイントは2つあります。

・祖業は何か(何屋から始まったのか)
・価値を生み出しているものは何か(ビジネスモデル) 

どんなによい会社でも変革期や苦境は訪れます。そのときに立ち返る北極星は祖業(の思想)であることが多い。祖業を理解するとコアの考え方が理解できます。

有形商材が価値(収益や顧客)を生み出しているのか、無形のサービスやソリューションなのかは注目しています。価値を最大化していくためにどんなプランを取りうる企業なのか。そこに働き手はどう関わるのか。

働き手の幸せや働き方を考えるとき、発せられているメッセージではなく、その土台となる祖業やビジネスモデルを見ることで客観性をもって見ることができると思います。
コロナによって、誰しもが、このままでいいのだろうか?という思いにかられたことだろう。幸せの価値観を見つめ直す感覚。
カネは幸せに直結しないものの、不幸を回避するには極めて有効です