新着Pick
20Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
私も新聞社の記者職からのドロップアウト組なので、共感しながら記事を読みました。
たくさんの人が会社には入社して、やめる人がほとんどいないまま役職の数は上に行くに従い減っていくのだから出世街道からはドロップアウトする人がむしろマジョリティなのだけど、どうしても世の中に出るのは数で言えばマイノリティの出世した人なんですよね。
でもこの記事のいい笑顔を見ていたら、そんなことはどうでもいいじゃないかと思えてきました。ぜひ後編も呼んでください。
「100人中、2人か3人しか生き残れない世界」…その2人か3人になれない場合に、どうやって自分の人生を再定義するか?という話ですね。

多くの人は「2人か3人になれない」とわかっても、そのまま継続される方が多いのではないでしょうか?

それは、それで選択肢ですが、スピンアウトすると、この記事のような人生も生まれてくると思うと、すばらしいですよね。

こういったことを「ドロップアウト」と表現される方もみえますが、決してそうではないと思います。

大学の中退と同じではないでしょうか?シリコンバレーの著名な経営トップでも、中退している人達は少なくないです。

「ドロップアウト」ではなく「自分で定義した卒業」だと思います。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
日本テレビホールディングス株式会社(にほんテレビホールディングス、英称:Nippon Television Holdings, Inc.)は、日本の認定放送持株会社。2012年10月1日に日本テレビ放送網が商号変更・会社分割を行って改組した。 ウィキペディア
時価総額
3,224 億円

業績