新着Pick
84Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今期も地銀は7割が収益源となる見込みであり次の戦略が必要です。
ビジネス面については、コロナもあり在宅勤務を認める企業が増えてくれば、地方に移住したり第二の拠点にしたりする人も増えるし当面は国内旅行も注目を浴びるでしょう。地銀も地元の地方創生の観点から規制緩和が議論されている投資なども通じて収益機会を得る可能性が出てくるのでこういった所にビジネスチャンスがあると思います。
地銀の情報網を活かすことで他の地方創生ファンドと差別化を図ることは可能かもしれません。

ただ、銀行での出資などの経験を踏まえてリアルに考えていくと、この様な動きの裏返しとして地銀の現在の業務とかぶる部分もあるので重複を避けつつカニバリ(共喰い)にならない様に対応する必要があります。共喰いになってしまうと本末転倒なので。
地方創生パートナーズはSBIが過半数出資を前提としながら、参加を募っている状況。政投銀、新生、山口に続き浜銀を中核とするコンコルディアガ参加とのこと。
今後は、SBI地方創生サービシーズ(事業支援)、SBI地方創生投融資(VC投資)を設立して全国規模での地域企業支援を目指すもの。

4行への資本参加や多数地銀とのSBI証券との共同店舗を含め地銀への距離を縮めてきており、SBIが地域再編のカギを握る可能性はある。
SBIホールディングスが進めているフィンテック事業が上手くいけば、地盤沈下しつつある地銀にも活路が見いだせるでしょうね。

ただ、フィンテックの分野は新規参入が著しいレッドオーシャン。

どこが覇権を握るのか、現状ではサッパリわからない状況です。

当然、各地銀ともSBIにどっぷり入り込むのではなく、臨機応変に提携先を模索していくと思われます。
超低金利や地方の人口過疎化等、地域銀行の経営環境は厳しいものであるものの、地域に根差した顧客との信頼関係やブランド等の経営資産を有する地域銀行のポテンシャルはまだ非常に大きいと考えています。
一方、株式等売買委託手数料や投信運用報酬の低下・無料化等が進むなか、従来型証券・運用会社等は事業モデルの転換を余儀なくされており、新たな事業モデルのひとつとして、「仲介スキーム」を活用した地域銀行やその他良質の顧客チャネルの囲い込みが昨年後半から激化しつつあります。
この新たな事業領域で激化する陣取り合戦で先行するのがSBIHDであることは間違いありませんが、その取組みに山口FGやコンコルディアFGも参画したということは興味深いと感じています。
地域銀行を囲い込むのは必ずしも証券・運用会社等の多業態のみである必然性はなく、むしろ「地銀の悩みがわかるのは地銀」というテーゼを掲げ、今後はメガ地銀による中小地域銀行の囲い込みも進むことを予想しています。
次々とSBIが地方経済支援のサービスや会社を立ち上げています。提供チャネルは地銀です。地域の中に地方銀行はだいたい2つあります。最近感じるのは片方が組むと片方は組まない、となりがちです。アレルギーが強い
SBIホールディングスと地方銀行などが地域経済の活性化を支援するため設立する新会社に、大手地銀グループのコンコルディアFGが参加するとのこと。
地銀と地域ビジネスオーナーから始まる地方創生活動はとても合理的。自治体から始まる地方創生でなくても構わない。両者は補完関係にならねばならないと思います。
これで他行も参加せざるをえなくなったというか、参加しないと何かに乗り遅れてしまうかもしれませんね。SBIの動きは本当にマトモで、たぶん地域金融機関の立て直しぐらい朝飯前で、既存事業だけなら半分ぐらいの人数でまわせるような体制を作っていくんでしょうね。
地銀最大のコンコルディアFG(横浜銀行)が参加する意義は大きい!
株式会社コンコルディア・フィナンシャルグループ(Concordia Financial Group, Ltd.)は、東京都中央区日本橋に2016年(平成28年)4月1日に設立された金融持株会社である。株式会社横浜銀行と株式会社東日本銀行が共同株式移転方式により設立した。略称は「コンコルディアFG」、東京証券取引所第一部へ上場。 ウィキペディア
時価総額
5,008 億円

業績

SBIホールディングス株式会社(エスビーアイホールディングス、英語: SBI Holdings, Inc.)は、日本の金融持株会社である。商号のSBIは、元々ソフトバンクグループの金融関連企業として設立されたため「SoftBank Investment」の略であったが、その後同グループを離脱し「Strategic Business Innovator(戦略的な事業の革新者)」の略に変更した。 ウィキペディア
時価総額
6,654 億円

業績