新着Pick
130Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
不特定多数と密室で大きな声を出しさえしなければ、そこまで大きく感染が広がらないことが分かったのは、大きいですね。仕事や家族の用事だけでなく、プライベートの旅行も大いに広がるべきだと思います。
他方、3月頃のように医療崩壊の恐れが出た場合には、再び移動制限を行うこともやむを得ません。台風の予想がでると旅行を取りやめるように、コロナ警報がでたら移動を抑制するような社会になっていくのだと思います。
お昼のニュースでも取り上げていましたが、都内に買い物に来た10代の若い女性もマスクをして、なるべく人混みは避けて買い物をします…と話していたのを聞いて、大半の日本人は節度をもって制限解除を楽しんでいるなと思います。
ピッカーの方がシェアしてくれたサイトが分かりやすく、5月以降に重症化した患者もかなり少なくなっています。医療関係者の経験値の積み重ねが効果を上げていることに感謝です。

https://toyokeizai.net/sp/visual/tko/covid19/

結局のところ、感染は飛沫感染と濃厚接触で、ライブハウスが節度を保てれば、多くの感染源は、歓楽街だろうと思われます。歓楽街に節度をもって…とお願いしても、一定数行く人と働く人はなくならないかと思います。歓楽街に対しておおらかな風潮が日本の特徴ですが、これが変わるきっかけになるかもしれません。
公衆環境では、大声を出したりすることがない日本の習慣を考えると、マスク着用と、手の消毒などに気をつければ、感染拡大は抑えつつ、旅行を徐々に元に戻していきことはできそうですね。

夏の日本の気候の特徴である「高温多湿」もウィルスにとっては、基本的には生存には厳しい条件になるはずなので、それも感染拡大を抑制する方向に働くことを期待したいです。(学術的な証明は、まだありませんが)

いずれにしても「旅」は、人間の本能なので、それを長期間抑圧することは、避けたいですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
よほどのことがない限り、今後は、コロナと経済の両輪を丁寧にまわして行く必要があります。遊びに行きたい/旅行に行きたいという欲求は溜まっていますし、年間2000万人の海外旅行者が1年間は国内に転換していく可能性も十分にあります。需要回復は近場からです。

東京や都心部の人たちを、白い目でみる観光地の自粛警察が動き出さないことを祈るばかりです。
注意しながら移動する、で元々よし。
うがい、手洗い、適切な食事と睡眠、をきちんとやろうと思います、って元々やってますね、そういえば。
約3ヶ月ぶりに、新潟から戻ってきました。
東京駅9時着の新幹線に乗っていましたが、
TDRが休園中ということもあってか、東京駅は空いているなぁという印象を持ちました。
この土日は父の日ということもあり、観光地のご馳走業態が予約の入り方的には良いように感じています。どんどん気持ちよく消費できる環境になってくれればと思います。
「JR東京駅は、利用客はまだそれほど多くないが、スーツケースや大きなかばんを持った家族連れや若い人たちの姿も見られた。」
これまで都道府県境を越えた行き来が出来ず、遠方に住む家族に会いたくても会えなかったという方も少なくないと思います。今回は通常の週末ですが、連休などになれば一気に増えそうな気もします。現状、7月下旬まで連休はないですね。

NHKによると羽田空港も人手が増えているようです。
https://bit.ly/37OF3k3
半年ぶりに京都に行きたいな。あとできれば夏に帰省したいです。
海外はしばらく我慢。