新着Pick
158Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
仕事を辞めて「肩書」がなくなることで、承認欲求が満たされず、問題行動に出ていると思われる人はよく見かけますね。
これを自分で改善/予防するには、職場以外に日頃から自分の居場所を持つことが必要なのだと思います。地域のボランティアだったり、子供のPTAだったり、習い事だったり、趣味の集まりだったり。様々なコミュニティに所属することで、「肩書のない自分」にも慣れて、相手の立場に配慮して発言する・行動することができるようになります。

いきなりそれはハードルが高いという場合には、毎日就寝前に自分の一日の行動を振り返り、怒ったり、暴言を吐いたことがなかったか、その原因は何だったか、相手や周囲には自分はどう見えただろうか、などを書き出してみると良いでしょう。文字にすることで客観的に自分を見つめ直すことができます。

EQ(心の知能指数)が低いままでは、自分も周囲も幸せにはなりません。自覚して、自分にあった改善策をいろいろ試すのが良いでしょう。その気があれば人はいくらでも変われます。
昔の肩書きにすがっている人たち、たくさんいますね~。

そういう人たちが暴走老人になる可能性が高いのでしょう。

「○○会社元取締役営業部長」というような名刺を持っている人もいると聞きました。
「元営業部長」も、組織から外れればただのオッサンです(^_^;)
昔お弁当屋でアルバイトしてたときに、そんな感じの威張ったおじさんがいらっしゃいまして、初見でいきなり「お前らけしからん、何だかよく分からんが気に入らん」レベルの理不尽な怒鳴り方をされ最初は面食らったのですが、何だかかわいそうだなと思って話を聞いてあげてたら気に入られて常連客になったことがあります。僕の作った炒め物を頻繁に頼んでくださり、「うまいやんけ」とお褒め頂きました。ツンデレか。

おじさんは寂しいのですな。
長らく日本に根付いてきた日本型の人事制度は、一言で言うと職能資格制度に基づくものです。今となっては「は?頭おかしいんじゃないの」という側面もあるものの、大枠としては以下のような前提があります。

・能力は年々増していく
・一度延びた能力は衰えない

これらを元にして「職務」ではなく「能力」で給与を決める。

そういう前提があるから、「途中で職能資格が下がるということもない」ということになります。一応よく言われるのは「教授が准教授に戻ることはない」とか「大佐が少佐になることもない」とかを例えに出されますね。

そしてそうやって年々肩書きを与えていくことで本人のモチベーションを高め、帰属意識を高めてきました。

いわば、肩書きを失って自分を失ってしまうのは、
「肩書きに躍起にならざるを得なかった職能資格制度の呪縛」といえるかもしれませんね。
若いうちから、「会社以外のコミュニティ」で活動しておくと、「フラットな社会」が勉強できるのでオススメです。

「会社」だけだと、組織と権限があるので、仮に、その人が「嫌な人」でも、仕事なので、仕事だけは付き合ってもらえますが、「フラットな社会」では、誰も付き合ってくれないので、すぐに自覚できます。

自覚できてから、どう対応するかが肝ですよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
定年後とは限らないお話。
転職できないのは自分のスキルに需要がないためです。謙虚さなどは二の次だと思います。

具体的には、社内での優秀さが企業内特殊熟練度(社内人脈など、その会社でしか通用しないスキル)の場合、社外での評価は皆無と言っていいでしょう。現在、リモートワーク化で高給だがヒマになってる人は、残念ながら上記のタイプの可能性が極めて高いと思います。しかし、それはスキル磨きを怠った自分の責任です。お気の毒に