新着Pick
142Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ソフトバンクGrはポジションを回避していた模様とは。
ワイヤーカードはオンライン決済代行事業者としてスタート。厳しい競争が繰り広げられる欧州で頭角をあらわし、収益性を高めるため銀行免許を取得し、VisaやMastercardのプリンシパルメンバーになりました。

その後グローバル展開を加速。アジアでもその存在感を高めていましたが、今回、会計上の問題が吹き出しました。あまりにも急激に事業を拡大しすぎたツケが回ってきたようです。

6月19日の終値は25.82ユーロ。17日の104.50ユーロから4分の1に急落しました。
こんな時なのでいろいろあると思います。いちいち取り上げていたらきりがないのですが、ソフトバンクの投資先は話題になってしまいます。
すこし気の毒です。
なんか無理やりソフトバンクと関連付けようとしている気が。株式投資で百発百中などあり得ない
ソフトバンクのワイヤーカードへの出資がニュースになったのは、昨年の11月だったと思います。
その段階で、シンガポール子会社の不正経理の話がワイヤーカードにありましたが、↓の現預金残高については、前回の決算に対する期末監査で監査証明が出ていれば、この1年の間に何かがあったということです。

監査法人が約19億ユーロ(約2300億円)の現金残高について証明が取れなかった

別の記事では預託金とありましたが、これがカードブランドのクレジットカード発行に関する預託金であれば、不正経理を会社単独で行うことは実務的に不可能だと思います。
ワイヤーカードの使途不明金については昨日下記で報じられていました。
【ワイヤーカード、年次決算の発表を再び延期-現金2300億円が不明】
https://newspicks.com/news/5001754

また、ソフトバンクのワイヤーカードへの出資は下記に遡ります。
【ソフトバンク、独ワイヤーカードに5.6%出資へ 転換社債取得通じ】
https://newspicks.com/news/3848905
ワイヤーカードはブラジルのMOIPを買収していて、当時としては大きな買収で話題になりました。

ちなみにソフトバンクは最終的に自己資金で投資してないんなら投資先、と書くのは誤りでは?
何が書いてあるのかさっぱりわからない記事。
老兵は消え去るのみ。
孫正義さんも老兵になり、老害が多くなった。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連会社等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。 ウィキペディア
時価総額
12.9 兆円

業績