新着Pick
30Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「撃てば自分がたたかれると思わせる能力の保有を念頭にした発言だろう」とすると、これは発射前にミサイルを破壊することでミサイル攻撃を無駄だと悟らせる(拒否的抑止力)のではなく、ミサイル攻撃を行えば耐え難い報復が返ってくるようにすることで攻撃を手控えさせる戦略(懲罰的抑止力)でしょう。
北朝鮮の弾道ミサイルは基本的に全て移動式ですから、記事中にもあるようにそれを発射前に叩くのは非常に難しい筈で、現実的には懲罰的抑止力を目指さざるを得ないでしょう。
それが日本の防衛戦略だというならいいと思うのですが、それには政府から国民へのきちんとした説明が必要ではないでしょうか。敵基地攻撃能力(拒否的抑止)なのだという説明で報復能力(懲罰的抑止)の能力を持とうとするならば不誠実だと思います。
【政治】いやいやそれではもう「専守防衛」ではないではないか…。「敵基地攻撃能力」まで保有するのであれば、これ以上言葉遊びを続けるのではなくきちんと憲法改正を行って整合性を確保すべき。何でもかんでも解釈変更で事足りるという考え方では憲法なんて必要なくなる。