新着Pick
498Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
裁判は三審制が原則ですが、本件のようにイジイジと審判を前提とする手続もあります。

賛否はあります。

賛成派は、技術的知見に乏しい裁判所が判決を下す前に専門性に長けた期間の裁定を求めた方が専門的な判断ができるというものです。

反対派は、期間がかかりすぎて終わった頃には意味がなくなっているという考えです。

どうせ泥仕合になるなら、最初から裁判所の判決を仰いだ方がいいのではないかというのが私の見解です。

裁判所の裁判官(の知的レベル)でも理解できる書面を書くのが弁護士の役割ですから・・・(^_^;)
NPでも知財に関する記事がいくつか取り上げられていたように思います。私自身は下記のようなニュースでコメントしています。

このニュース、どちら側の視点で語るかによって大きく変わってきます。

元々知財を持っている方からすれば、これこそ正しい知財特許の使い方で、侵害されたら訴えるべきもの。知財の維持管理にだってコストかかっていますし、知財を売りにしているスタートアップだったとしたらそこは死活問題。なので、当然特許申請のときには穴がないように、回避できないように書きます。経産省だって、マスコミだって、普段は知財戦略推進派であるように見えます。

一方、使っている側からすればどうにか回避して、特許使用料を払わずに済ませたい。このような特許無効を主張した裁判も繰り広げられます。例えば、その知財が申請される前に公知になっていた別の技術がないかなどを血なまこになって探します。実際に、後輩のところに知財裁判関連で「あなたの技術がこの技術の申請より前にこの世に存在したことを証明出来ませんか」と問い合わせが来たこともあります。

今回の件に当てはまるかはわかりませんが、私の周りでは一般的に大企業は小さい企業に対して高圧的な態度をとり、小さい企業にちゃんとした敬意や対価を払わないケースを眼にします。あくまでも、個人的な体験・見解です。

ステルス特許など、利用者が増えてきたところで、ばん!と特許使用料を徴収しようとするビジネスモデルも存在します。例えば、特許が有効だった間のGIF画像などが有名です。

知財化していてもDENSOのQRコードのように無償利用を許可しているものもあります。


日本は「特許敗戦」の教訓を生かせ!発明家ベンチャー育成の重要性
https://newspicks.com/news/4796247

先端特許10分野、AIなど中国9分野で首位 日米を逆転
https://newspicks.com/news/4624841

次の成長 知財でつかむ 内閣府の「経営デザインシート」
https://newspicks.com/news/4332569

Graphics Interchange Format
https://ja.wikipedia.org/wiki/Graphics_Interchange_Format
法律と先進技術に関する専門用語で埋められていて読みにくい記事ですが、要するにユニクロのセルフレジがスタートアップの特許を侵害している可能性が残ったということですね。
ユニクロの過去の大ヒット商品の多く、例えばフリースやヒートテック、最近ではエアリズムマスクなどは、アウトドアブランドやスポーツブランドが付加価値の高いニッチ商品として手掛けていたものを、壮大な規模の生産と販促活動でかっさらう「偉大なセカンドペンギン」の位相であった、と私は勝手に理解してます。
ユニクロでも攻略することが難しかったようです。
「この特許、如何にも当たり前に見えて、実はそう当たり前ではないという点で強力」
株式会社ファーストリテイリング(英語: Fast Retailing Co., Ltd.)は、株式会社ユニクロなどの衣料品会社を傘下にもつ持株会社である。東京証券取引所第一部上場。世界のカジュアルの企業の中での売り上げは第3位である。 ウィキペディア
時価総額
9.30 兆円

業績