新着Pick
518Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
敵という概念があってこそ国家という秩序を構成することができる、と論じたのは、ドイツの法学者カール・シュミットです。『政治的なものの概念』の中で、敵とはすなわち他者、異質な者であり、敵の概念があるからこそ国家の秩序は成立しうるのだと1932年に説いたシュミットはナチスに高く評価され、用いられました。
 シュミットの説自体は、数ある法哲学の説の中の1つに過ぎず、全面的に賛同する学者は少数でしょう。しかし、人種や宗教、イデオロギーを基準にした他者に対する殲滅戦争こそ20世紀の国家が進んでいく方向であるというシュミットの主張は、その後の第二次世界大戦、冷戦、ベトナム戦争などにかなり当てはまるものでした。
 今後、敵という概念が、人間以外のものに向くことで、全ての人間がまとまるということはあるでしょうか?シュミットのいう敵とは他者で、異質な者ですが、それは人間であり、自分たちと見たところは同じなのに絶対に相容れないような考えを頭の中に持っている、からこその他者でした。具体的には、ユダヤ人や共産主義者でした。ウィルスとか気候変動は、そういう意味での他者や敵にはなりえないように思えます。人間は、人間相手でなければ、国家単位で団結して、命を捨ててまで戦うことはできないようです。グローバリズムという考えの弱点は、そこにあるでしょう。
 シュミットは、戦後、国家の秩序は民族という範囲を超えて、歴史的な法秩序を共有する領域でまとまっていく、という構想を持ちました。それは、ヨーロッパの統一のことであり、東アジアや中東においてもやはり民族を超えた範囲の領域でまとまるようになっていく、ということでしょう。
 旧来の国家とか単一民族という範囲ではあまりにも対応が追いつかない、という問題はどんどん大きくなっていくでしょう。それに対応するための秩序が求められるでしょう。しかし、それはグローバルな共同体、たとえばゲイツ財団のようなものが世界にいくつかあって、国連やダヴォス会議で会合して対応を決める、といったことにはならないでしょう。宗教や企業、巨大化する非合法シンジケートなども台頭して、いくつかの秩序に分かれた世界に割拠していく、という方がありそうです。
ジュネーブで国際保健外交に携わり実感したことの一つは、ゲイツ財団のような“グローバル”な視点+活動を行うプレーヤーたちの存在感と、そして、この分野の問題解決に必要な視座についてです。

ビル・ゲイツ氏とメリンダ夫人は、途上国に自ら足を運んで人々と接し、国際保健の様々な課題解決に尽力することに、人生を集中させているように感じました。

WHOの任意拠出金(2018-19)は、米国15.2%、ゲイツ財団12.1%、GAVI 8.2%、英国8.0%、ドイツ5.3%、国連人道問題調整事務所4.5%、国際ロータリー3.3%、欧州委員会3.1%、世界銀行3%、日本2.6%という順番です。

「途上国の子どもへのワクチン投与」を例にとっても「①資金、②開発・製造の技術、③適切なデータの収集と公正な分配、④実際に現地でコールドチェーンを構築し、人材を活用して、一人ひとりに確実にワクチンを投与する」ところまでを、連続して確実に行う必要があり、そして、重複を避けるためにも、バラバラではなく、関係機関や団体がまとまる必要があります。

そして、グローバスヘルス、特に途上国支援を、単なるチャリティーや人道支援の枠組みで捉え、富める/強き者(国)が貧しき/弱き者を助ける、という上からの施しのような感覚は、もはや時代遅れで、現代国際保健のリアルな姿を的確に捉えていません。この点、日本の省庁や政治においても、理解が進んでおらず、非常に残念に思いました。

今回の新型コロナや気候変動もそうですが、己や自国を守りたければ、他者や他国を守る必要があります。そしてきれいごとではなく、この地球上の人々の間に厳然と存する生存環境の「差」を、極めて不合理なことと考え、可能な限り是正しようと試みる(『すべての命には同じ価値がある』)ことです。

こうしたことに関する考え方は、もちろん人それぞれ、色々あり、違ってよいと思います。しかし、同意しなくとも、ウイルスの伝播や、大気汚染、資源の枯渇等は、地球規模で考えないと、何ら問題は解決しません。

グローバリズム - 国際保健において、その本質は「世界で今何が起こっているか、その中で自分や自国はどのような状態にあるかを的確に認識し、その課題を解決するために、自分や自国には何ができるかを把握し実行する(ことに、少なくとも協力する思いを持つ)」ことではないかと思います。
我らがハッサンの名著・日本語訳本日発売開始!3月にアブダビで会った時も安定のグローバルマインド(彼的に言うグローバルガバナンス)でゲイツ財団を代表していました。彼自身、数千億円規模の国際開発ファンドを設立したりとアクションを起こしつつ、ゲイツ財団でもイニシアチブをとっています。すごいのは、本書がしっかりとファクトに基づいて書かれているということ。アメリカの政治からサピエンス全史、移民、日本の立ち位置、国連の今後、、、など多くのケーススタディとともに書かれた、示唆に富んだ一冊。先週ハッサンに「日本語出版おめでとう!」とメールすると、親日の彼から、日本に大きな期待を抱いているかのような返信をもらいました。その真相やいかに。情報量多く、振れ幅も大きいですが、途中から一気に自分ごとのように思えてくる、今の時代にピッタリな本。「人類共通の課題解決のために読んでほしい。本書はアイデアの宝庫だ」By ビルゲイツ。是非!!
日本人の場合は国よりも言葉の意識が強い。特にネイティブな日本語を話すかどうかは「私たち」意識の線でしょう。
ヨーロッパの人たちはどこでアイデンティティを感じるのだろうか。国境や人種は長い歴史の中でモザイクのようです
"「私たち」をどう定義するかも大切です。結局のところ、国家の基礎をなすのはひとりひとりの自己認識です。"
分野:これからの社会
おすすめ度:★★★★☆
キーワード:国家のアップデート

よいキーワードがたくさん書かれている良記事だと思います。

・ナショナリズムは「悪」とは限らない
・「ヒトの本能」を活用せよ
・「最低10人」に影響を与えられる
・「敵」とどう共に生きるか

内容全体に「ダイバシティ&インクルージョン(多様性と包含)」のポリシーが明確に打ち出されています。

ジョン・レノンが音楽で示したものを、ビル・ゲイツは財団活動という形で世界に示している感じです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
ガンダム、ゲッター、マジンガーをはじめ多くのロボットものアニメが登場するスーパーロボット大戦シリーズ、というゲームがあります。

各ストーリーをオリジナルストーリーにたばねていくシミュレーションロールプレイングゲームです。

このゲームのなかでは、原作では敵同士のキャラクターが共闘するシーンがよく描かれます。

共闘する理由はカンタンで、異星人のような共通の敵、が現れるからです。

幼い頃は気づきませんでしたが、今考えると、人間の本性をシンプルに突いた構成だったのだ、と感じました。

国家に限らず、人間の本性を理解すること、そして、それをよいかたちで利用するが重要なこと、を再認識する朝でした。
対話をすることに意味がある。

一人で世界的な問題に向き合うのは大変ですが、一人ひとりがつながれば大きなうねりを生み出せます。

SNSで政治が動く時代だからこそ、実現できそうな行動です。孤立や排斥からは決して生まれません。
フューチャーネーション、面白そうですね。早速ポチりました。国家を支えている移民ビザの停止という信じられない状況がアメリカで起こる中で、どんな内容か楽しみです。