新着Pick
228Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
恋をしているときのようにその人のことを想ってしまう、
そんな発信スタンスですね。

何の発信をするにせよ、最も大切なのはこだわりや覚悟、そして行動。

>> 「『イチローは今、何を思っているんだろう』と考えてもらう状態を作りたい。そのとき抱いている感情をその都度表現してしまうと、受け取る側の興味が、薄くなっていってしまう。ある程度、見る側に委ねる。そして答えは後に明かす。その距離感を保ちながら、ずっとやってきました」
「聞かれてもいないことを自分から発信すると、瞬間的には伝わるかもしれないけど、心にまで響かない。興味深い点ですが、これが第三者をはさんで伝わると、まったく違うんです」

昔は試合後のインタビューでも、何も喋らないし無愛想だと思っていた時期があるのですが、雑誌のインタビューなどのロングインタビューを読むと、ものすごく言葉を大事にしている人なんだなと痛感して、いつの頃からか発信する言葉にものすごく注目するようになりました。質問する人のレベルが高いと、本質がますます聞き出せるのだと思います。自分が矢沢永吉のファンという贔屓目もあるかもしれませんが、昔NHKで放映されたイチロー x 矢沢永吉の対談は、異なる分野でも高いレベルに行った人たちは確かに通じるものがあるんだなと感じる内容でした。今後もこのような記事を楽しみにしています。
自分を伝えるのに自分がメディアになるのは正攻法ではなさそうだ。「聞かれてもいないことを自分から発信すると、瞬間的には伝わるかもしれないけど、心にまで響かない。興味深い点ですが、これが第三者をはさんで伝わると、まったく違うんです」
「自ら発信するとなかなか伝わらないという側面がある」「第三者をはさんだ方が伝わる」との信念から、Twitter等での発信はされていないとのこと。素敵なあり方です。

ソーシャルメディアで自ら発信することは、リアルの世界で結果を出すことと分離しがちだと思います。発信にのめり込むほどなおさら・・・。発信は確かに重要ですが、バランスに気をつけないとかなり危険だと思ってます。

発信することが普通になっていく中では、イチローさんのように「聞かれるまで答えない」スタンスが貴重になっていくのかもしれません。
こういうやり方もある、ということかと思う。
メディア側もかなり気遣う存在だと思うし。

とはいえ、ハフポスト日本版編集長の姿が唐突に出てきてビックリした。
イチロー選手は偶像であり続けたなと。最後までかっこよかったですね。個人的には「イキかけました」と優勝インタビューで答えてたのが偶像がペリッと剥がれた感じで好きでした。

Twitterも一週間くらい前から始めたけど、尊敬する人からまさかのDMもらえたりしてコミュニケーションツールとして楽しいですね。
いいと思います。
有名な人みんなが使わないといけないなんて事は全くないので。
Twitter(ツイッター)は、アメリカ合衆国、カリフォルニア州サンフランシスコに本社を置くTwitter, Inc.のソーシャル・ネットワーキング・サービス(情報サービス)。「ツイート」と呼ばれる半角280文字(日本語、中国語、韓国語は全角140文字)以内のメッセージや画像、動画、URLを投稿できる。 ウィキペディア
時価総額
3.16 兆円

業績