新着Pick
160Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「証拠を具体的に出せ」と言っている人は多いけれども、どの不正が発覚していて、どれに気付いていないのか、何なら気付かれるのか、という情報を与えてしまうこと自体がセキュリティの観点において良くない。
これが完全なでっち上げであれば酷い話だとは思うけれども、そうである可能性は低いと思うし、明確な証拠があるなら、公表せずに締め出し、などをするのは、技術的観点から言えば正しい行為だと思う。
(政治的観点については詳しくないので言及しません)
正直表現が非常に難しい
その理由として、「バックドアだ」と指摘したならば「脆弱性でした」と返されるという定石パターンがあるからです
その他にも「不正な情報送信だ」と言えば「設定ミスだった」と返される
それっぽい謝罪をされてしまったらそれ以上の追及が難しいのがサイバーの厄介な点でありこれまでの安全保障の考え方と若干違いがある点だと思っています。
氏も著名な方でJAVA開発などでは権威です
技術的な背景も含めて把握しているはずですが、いくらでもいいわけが効くために、わざと具体的な言及を避けています
これは、そういったことがあるという事実をベースとした政策が動き出している今だからこそ特徴的な論調です
実際問題少しでも知識がある人であればファクトベースで明らかなんですけどね
中々素人にそれを伝えるのは難しいところです
ファーウェイ社のこれまでの説明は、「我々はインフラを提供しているだけで、ネットワーク運営に関わっていないのだから、情報取得行為は技術的にできない」というもの。

しかし、シュミット氏がこう断言したということは、「情報取得が技術的にできる」ということになる。これは深刻な事態だ。

しかし中国当局やファーウェイは、例によって、米国の作り話だと主張するだろう。

この問題の本質は、技術ではなくファーウェイ社の「意思」なのだから、ファーウェイ社はその面をきちんと説明しなければならないと思う。
ここまでハッキリと明言するのか。誰が言うかはすごく重要。シュミットがここまで明言するということは証拠は揃ってそう。いま国防省の仕事もしているんだ。日本もこういった人材に任せていくべき。テクノロジーの素人ではなく



グーグルでCEOを務めたエリック・シュミット氏はBBCラジオで、ファーウェイの通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べ、安全保障上の懸念を示した。高い技術力への危機感も表明した。

シュミット氏は現在、グーグル親会社のアルファベットの技術顧問。米国防総省の技術分野に関する諮問機関のトップも務める。

シュミット氏は「ファーウェイが国家安全保障上、容認できない行為を行ってきたことは間違いない」と指摘。中国側への情報流出は「起きたと確信している」と強調した。
「間違いない」「確信している」というだけでは証拠にはならない。この問題は既に何を信じるかではなく、どのような証拠を掴むかという問題になっている。
ファーウェイがどうのこうのというより、中国という国家の成り立ちの問題。共産党独裁政権はどんな人権侵害をしようと国際的な基準での違法行為をしようと、国内ではとがめられない。ファーウェイに自国の通信インフラを抑えられれば、通信の安全保障は中国に明け渡すことになる。世界でも日本でもユーザーの多いTikTokも同様。中国人が創業したZOOMも同じ。ファーウェイを、そして中国を支持するなら、中国に自由民主主義を金儲けのために売り渡すのを覚悟すべき。
このコメントに続き、他の企業が何を言うかに注目したいところ。
ああ、民間企業から安全保障を意識したコメントが聞けて良かったです。私も民間企業ですが…w
我々ビジネスマンは国というプラットフォーム上でビジネスをしてますので国益(経済+安全保障)の概念は避けられませんから、この感覚は大事です。
それから多くの方がファーウエイ、ファーウエイと言いますが、問題の本質はファーウエイではなく中国共産党ですからそこをお見逃しなく。ファーウエイのCEOは人民解放軍出身ですから、利害は共産党と共有してますので。
安全保障に関わる範囲なので、一層注視しないといけないでしょう
グーグルの元CEOエリック・シュミット氏が、BBCラジオで、中国のファーウェイの通信機器を通じた中国当局側への情報流出は「間違いない」と述べたそうです。

Eric Schmidt: Huawei has engaged in unacceptable practices(BBC news)
https://www.bbc.com/news/technology-53080113