新着Pick
249Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「TikTok」の中毒性はすごく、小学校高学年ぐらいから、熱烈なファンというか、多くのユーザーを抱える。
アプリを立ち上げるだけで、今、バズっている動画が次々と再生されるので、バズっている動画の再生回数はものすごい。何千万再生もされている。

また動画の再生回数と見ている動画傾向によるレコメンドAIもすごい。これは、「今日头条」時代からのAIアルゴリズムが生かされている気がする。「今日头条」は、トゥデイズヘッドラインを意味する中国語で巨大なニュースアプリ。バイトダンス社はこのサービスで、TikTok以前からユニコーン企業だった。この時から社員のうちのエンジニア比率は高く、ニュースのレコメンドエンジンをアップデートしてきた。


「TikTok」のマネタイズは、動画広告とその再生アルゴリズムを活かして、簡単に可能な気がする。
また、「TikTok」は、今日头条と違い、言語レスな音楽と動きの世界で世界中にユーザーを広げている。

マネタイズのネックがあるとすれば、日本ではユーザー層が相当に若く(小学生から中高生)消費力に乏しい層であることか。
TikTokは、中国発のサービスとしては、世界的にスケールするための、お手本となり得ますね。

今、ZOOMが、この点で大きな悩みを抱えていますが、TikTokの例を見習うとよいと思います。

グローバルにスケールする際に、いかに「中国色」を見えなくするか…そこがポイントです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
若年層に最も影響力を持ってるPFであることは間違いないですからね。
LIVE対応された時に、他のLIVEプラットフォームがどうなるのか、すごく気になります。
ターゲットユーザーの違いや使い方の違いで棲み分けられるのか、ただ可処分時間の奪い合いにはなるので、ある程度集約されるのは間違いない。
日本の場合は、中国本土のように幅広い世代に広がるかどうかですね。期待したいです。
中国本土でtiktokのプロモーションなんか携わっていますが、日系ブランドについてはなかなかハマりにくいですね。PVはめちゃくちゃ稼げますが、滞在時間はどうしても少なくなるのでコンバージョンにつなげるには工夫が必要です。
👀