新着Pick
38Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
安定のReutersがフェイクに近いタイトルと文章をブッコんでますので解説します。
正直この記事は開いた口が塞がらないレベルのクオリティです。
彼らが言いたいのはGalCommというイスラエルのドメインレジスターを介してアクセス可能なドメインの60%以上が犯罪に使用されており、Google Chromeの公式ストアで発見された不正なアドオンを用いてユーザー入力情報などを収集していたというものです
総ダウンロード数は3200万回以上にのぼり、被害を受けたユーザーの中には金融サービス、石油とガス、メディア、エンターテインメント、ヘルスケア、医薬品、小売、ハイテク、教育機関、政府組織など多岐にわたります
今回のポイントはドメインレジスターと連携もしくはそれらが独自にこのような方法で情報収集を行っていた点で、このような組み合わせはなかなかあぶりだせるものではないという点でしょう
Chromeストアの審査も意外と簡単に突破できるということです
ついては余程信頼のある発行元以外のアドオンは追加してはいけないというのが教訓ですね
本当に最近のReutersの記事は程度が低いです
セキュリティー企業のアウェイク・セキュリティーによると、グーグルのウェブブラウザ「クローム」上で動作する拡張機能に組み込まれたスパイウエアのDL回数が約3200万回に上り「クローム公式サイトを通じて最も広く拡散したマルウエア(悪意のあるプログラム)」としているそうです。