新着Pick

全銀協、送金手数料引き下げ検討 キャッシュレス事業者の負担減

産経ニュース
大手銀行などで構成する全国銀行協会(全銀協)は、銀行が別の銀行に送金する際に支払う「銀行間手数料」の引き下げに向け検討に入った。政府や公正取引委員会が手数料高止まりの是正を求めていることなどを受け、適正な料金体系に向け議論する。引き下げが実現すれば、一般利用者が銀行に払う振込手数料や銀行振込を利用しているキャッシュレス決済事業者の負担が減る可能性があるが、一部の銀行は収益が減るおそれもある。
99Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
ようやく銀行も動き出しました。マネロンやセキュリティにコストがかかるという言い訳は通用しません。世界の銀行間送金手数料はすでにゼロに向かっています。しかも24時間365日リアルタイムという最新の決済ネットワークを使って。

そのコストは誰が負担しているのか。もちろん銀行です。送金・決済で儲けるのではなく、多様な金融商品で収益をあげ、利益を出しなさい。と、キャッシュレス推進国の政府や中央銀行はコメントしています。

グローバルスタンダードに乗り遅れると、今後進展するクロスボーダー決済で取り残されてしまいます。厳しいハードルだけれど、日本の銀行には頑張ってほしい。
キャッシュレスを進めるためには、ここの岩盤規制の打破は必須。実現できたら安倍政権の貢献だな〜 頑張って欲しい


大手銀行などで構成する全国銀行協会(全銀協)は、銀行が別の銀行に送金する際に支払う「銀行間手数料」の引き下げに向け検討に入った。政府や公正取引委員会が手数料高止まりの是正を求めていることなどを受け、適正な料金体系に向け議論する。
キャッシュレスサービス事業者が上記が実現した後にどのような価格設定を打ち出していくか。最初はお得でも、手数料や振込費用は増えていく中で楽しみなところです。
「銀行間手数料」が引き下げるとキャッシュレスがより一層普及する可能性がある。この方向に進みそうということで非常に良いと感じます。
マネロンは、本人特定出来ない口座、なりすましのやり取りがあるから生じるもの。マイナンバーカードの公的個人認証ベースで対応すれば良いはずです。全銀ネットの見直しをしないで、小手先のだけの対応をしても先はないと思います。
法人のネットバンクの利便性も上げて欲しい。手数料も高いし。
PayPayとかで払えるようになったらメチャメチャラクなのに。
良い流れ。