新着Pick
49Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
韓国のメディアの論調を見ると昨年2月のハノイでの米朝会談の失敗が全てという意見が多く見られます。
多くの韓国人にもしかしたら統一間近という夢を見させた南北の蜜月は、ハノイ会談が物別れに終わったことで、霧消しました。
一方で文大統領の口車に乗って恥をかかされた(と感じた)金正恩は、これ以後その権威を守り軍の支持を繋ぎ止めるためあえて目に見える強行姿勢に転じざるを得なくなったわけです。

その意味で南北融和の出発点であり、その象徴である板門店宣言に北朝鮮が厳しい目を向けるのは容易に想像できることでした。
しかし、韓国当局はアメリカとの同盟維持のため中途半端な姿勢をとり、ついには北朝鮮から次やったら板門店宣言破棄とみなすとまで警告された脱北者によるビラ巻きを容認してしまった。

北朝鮮は激怒し、開城の連絡事務所を爆破し、北朝鮮の怒りを知った文政権はハノイ会談失敗以後の責任として金南北統一相の首を差し出さざるを得なくなった。

これが北側というか、韓国のリベラル派から見た意見のようです。
それが正しいかどうかは知りませんが、朝鮮半島情勢を考えるに、面子を立てる、潰すというのは我々日本人が思うよりはるかに重要なファクターであると感じています。
現象面から見るに南北関係の悪化は韓国側に非があると多くの韓国メディアは見ているようで、その意味で北朝鮮の恫喝外交はそれなりの威力を発揮していると見ていいと思います。
南北連絡事務所爆破で韓国の文在寅政権の対北政策責任者としては、メンツまる崩れという心境なのだろう。
辞めるなら実務を担当する統一部長官ではなく、戦略ブレーンの青瓦台国家安保室長が妥当に見えますが…

北の状況をちょっと軽く見ていましたね。
昨日の今日での統一相の辞任は、あまりにも迅速過ぎませんか?
北朝鮮へのパフォーマンスなのか?それとも水面下で致命的なミスをしたのか?
韓国の軍幹部の声明はかなり強行でしたが…

ただ、今回の一連の南北の遣り合いを見ていると、どうしても韓国ドラマ愛の不時着のシーンと重なって見えてしまうので、デジャブ的に見えてしまいます。