新着Pick
42Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
コロナ禍の影響の中でもかなり深刻なものの一つ。
子供たちを育てるための学校行事はほとんど実施できず、授業時間も内容も大幅に削減された。  あれだけ言われていたオンライン授業は、どれだけ広がったのだろうか。 教員や学校単位でのオンライン教育の拡充は無理。
早期にカリキュラムの制定と教員のトレーニング、補助を含む国レベルの施策の実行が急務。
遠足、文化祭、修学旅行など、子どもたちにとって大事な成長の場となる、各種学校行事が続々と中止決定している現状も、保護者の立場から見て残念な限り
働き方改革と発想が全く一緒。
今後、もっと時間を取られる有事が起こる可能性があるのに、学習の質の確保を、何故時間だけで見ようとするのか?
ましてや、一斉登校ができるようになったら、オンライン学習をやめようとする自治体もあるというのは、驚きでしかない。
家庭学習を授業時間に算入できるのは基本的にはいいことですが、家庭の負担が非常に重いんですよね。仕方ないけど。
「家庭学習分も授業として算入するなどして年間の学習課程を終える方針」
そうなのですね。うちの地方でも緊急事態宣言中には学校から毎週課題が配布され、自宅で学習していましたが、課題には予習のものも多く、自宅でやるのはなかなか大変でした。
緊急事態宣言は効果が無かったが休校も効果が無かった

「新しい日常」に騙されず今すぐ元の日常に戻るべきだ

参考:

小児の新型コロナウイルス感染症に関する医学的知見の現状
https://www.covid19-jma-medical-expert-meeting.jp/topic/1235

学校や保育施設の閉鎖は流行阻止効果に乏しい一方、医療従事者も子どもの世話のために仕事を休まざるを得なくなる事から医療資源の損失による死亡数が増加し結果として学校閉鎖は死亡者をむしろ増加させると推定されている

学校閉鎖は単に子ども達の教育の機会を奪うだけではなく屋外活動や社会的交流が減少することとも相まって子どもを抑鬱傾向に陥らせている

20歳未満の死者はゼロ
https://pbs.twimg.com/media/EZ1eW8bU4AAOsSr?format=jpg

20歳未満の感染者は5分の1
https://pbs.twimg.com/media/EarYN0eU8AEvu0f?format=jpg