新着Pick
36Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
米国の苦戦に対して、前年比でプラスという日本法人の奮闘が光ります。広告費を積めば上向くということではないでしょう。

米国法人はここ数年、健康志向を打ち出してみたり、高価格に乗り出してみたり、迷走していました。日本法人がファミリーの再取り込みに成功したように、あらためてコア顧客に絞った施策を打つべきである気がします。コーラとポテトの好きなお客に向けて、商品を磨き込んでほしいですね。
改善の兆し。という言葉に希望の火が灯る。
消費や移動の回復もあるが、様々な工夫と努力があってのこと。
こうした回復を実現する取り組みの中で新たな知恵が生まれているということ。であるはず。

これからの需要の変化を読んでいくことが重要で単なる広告投資にならないことを期待したい。
休業してる国ではそうなるわな。シンガポールも店員に感染者が出て一時期完全休業してたし。アメリカはドライブスルー併設店が多く、既存店売上は二桁成長してますよ。マクドナルドに限らずファストフードはかなり恩恵を受けてますね。
日本マクドナルドの既存店売上は3月-0.1%、4月+6.5%、5月+15.2%。
ドライブインの存在は日本だけではないが、ドライブインだったとしても飲食店は運営禁止というので止まった地域もあるのだろう。
はっぴーセットのおもちゃをニホンと共通にしてほしいですねぇ
マクドナルドは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、「4─5月の世界既存店売上高が30%減少した」と明らかにしています。
我が家のマック需要は子供達の休園のため、ハッピーセットの登場回数が爆増していました...
日本マクドナルドホールディングス株式会社(にほんマクドナルドホールディングス)は、東京都新宿区西新宿に本社を置く持株会社である。J-Stock銘柄。米国マクドナルド・コーポレーションの持分法適用関連会社(affiliate accounted for under the equity method、49.99%所有)。 ウィキペディア
時価総額
7,140 億円

業績