新着Pick
45Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
下記が原文。前月比予想が+8.0%に対して実績+17.7%。なお、前年比では季節調整済みでー6.1%、4月がー19.9%だったので大分戻った。
業態別にみると、EC(Nonstore Retailers)の成長が引き続きスゴイ。YoY+30.8%、4月は+22.8%で実店舗が戻るなかでさらに成長を加速させており、消去法ではなく行動習慣の変化が加速している。
一番厳しかった衣服は前月比では約2倍になっているが、YoYでは1/3ほど。意外に自動車が戻ってきていてYoY-3.9%となっているのが印象的、耐久消費財は景気が厳しいときにやられやすいのだが…レストランなど飲食サービスは前月比+30%だが前年比では-40%。
https://www.census.gov/retail/marts/www/marts_current.pdf

<追記>関連して2点。
①消費およびGDPへの影響
米国はGDPの7割弱を個人消費が占める。対前四半期でリーマンショックのピークでも-2.2%の落ち込み、また2/3を占めるサービス消費はほとんど落ちず、モノが耐久消費財が-15%になった程度。
それが4月は下記のようにYoY-17.3%・MoM-13.2%という強烈な下落だった。要因として落ちにくいサービス、医療費が結構落ちたこと。小売統計自体の落ち込みも減少したし、それは再び行動が始まっているから通常の医療費も戻ってくると思う。そうすると、2QのGDPについて恐れられていた-30%といった水準にはならず-10%前後くらいになるのではないか。
https://newspicks.com/news/4947366

②Redbookとの乖離
Redbookは毎週発表される全米9000店舗の売上高成長率で小売売上の8割カバーとされている。これは依然前月比・前年比ともにマイナス。細かく定義チェックしたり過去の一致率まで見ていないが、ざっくり見るとインフレ調整はされていない数値で、乖離の背景が気になる…
https://jp.investing.com/economic-calendar/redbook-655
https://jp.investing.com/economic-calendar/redbook-911
<追記終>
前月比だしねと割り引いても、17.7%回復の米小売売上高に驚き。ただし、小売売上高の水準では、昨年から6.1%下回ったままと。政策効果も大きいようだけど、このまま急回復となるのか。

U.S. Retail Sales Soared a Record 17.7% in May, Double Forecast https://bloomberg.com/news/articles/2020-06-16/u-s-retail-sales-soared-a-record-17-7-in-may-double-forecast
雇用は2000万人以上失われましたが、政府の手厚い財政政策で、可処分所得が逆に一割以上増えた影響も大きいでしょう。
それはそうでしょう、がロックダウン前水準には未だ至らず。衣料品が3倍近く、家具2倍近くと急増、これも想定内。我が家も今一番欲しいのが家具。シンガポールは今週末リテール再開にて同じ事が起きるでしょう。ただしエッセンシャルの食料品が1.3%と僅かながらも増えているのは、失業者の大半が失業前の給料よりもらってると言われる給付金の効果だろう。
前年比で6パー以上減少しており、5月までの仕上がりで総合判断すべきでしょう。もしくはストレートに金額で評価してもいいかと。4月の貯蓄があれほど積み上がったことも一因でありましょう。
【国際】4月の落ち込みが凄まじかったとはいえ、良くも悪くも消費大国アメリカを象徴するような統計…。