新着Pick
89Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
BYDがIGBTを手掛けていたのは知らなかったが、どうしてさらに上場までさせているのだろう?
なおIGBTは、日本だと三菱電機や富士電機が強かったと思う。海外だと記事に出ているInfineon。パワー半導体領域で、ずっとGaNやSiCが期待されているところだが、移行は結構ジワジワとという印象。最近新幹線のインバータでSiCが採用されたところだと思う。
用途によってプレイヤーの得手不得手が分かれているのと、高電圧での利用や、得てして環境も過酷なところが少なくないので、長期で壊れない品質が重要で、後工程付加価値が高い。その意味では、日本が相対的に得意な性質が多い領域。
形態の電池からスタートしたBYD。今はいろんな分野に進出して
大胆に投資する、失敗は恐れない、これは多くの中国企業の特徴です。
BYD、やるね! トヨタはデンソーと共同で独自のシリコン・カーバイトのデバイスを内製していますね。高電圧・大電流を制御増幅できる半導体は電動化技術のコア中のコア技術だと思います。
興味深いですね。パワー半導体は極めて重要ですね。
比亜迪股份有限公司(略称:比亜迪またはBYD<ビーワイディー>、英語: BYD Company Limited)は広東省深圳市に本社を置く中華人民共和国の企業。 ウィキペディア
時価総額
4.35 兆円

業績