新着Pick
284Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
在宅時に限らない置き配指定となれば、より再配達率は改善しそうですね。外部環境の追い風として置き配が一般化しそうな流れですので、多様な対応でそれがより普及すれば良いなと思います。
以前から聞いていたサービスがいよいよ始まりますね!
4月1日スタート予定でしたが、コロナの影響で、遅れてのスタートです。

#宅急便 を始めた#小倉昌男 さんが作った、#ヤマト運輸 さんの社訓3つの一つ「一、 運送行為は委託者の意思の延長と知るべし」があるからこそ、手渡しにこだわっていました。
それがヤマトさんの強みでもありました。

しかし、時代は変わり、ヤマト運輸さんも変わらないといけない局面に入り、#ヤマトホールディングス 長尾社長の英断で、#置き配 を正式に始めました!
これは、長尾社長でないとできなかったと思います。

この#EAZY で、業績をどれくらいあげることができるのかは、このサービスを採用してもらう営業がキーになります。
特定の企業だけなら、現場もイレギュラー作業にとどまりミスが起こりやすくなりますから、たくさんの企業で採用してもらう必要があると思います。
年初にあげた「ECエコシステム」の具体案が導入開始されるとのこと。①置き配、②直前まで荷物の受け取り場所の変更が可能、③パートナーとして全国の軽貨物事業者を動員がポイントのようです。

コロナ影響で、物流逼迫問題もなるべく物流会社にとっての運用負担が軽減されスケールされるモデルがますます必要となりますね。詳細、下記参考まで。

https://www.lnews.jp/2020/06/m0616409.html
個人的には素晴らしいしどんどん普及してほしい。一方、ちゃんと普及していくためには、規制・約款などの整備が結構必要な領域だと思う。
宅配便は、いわゆる宅配便とメール便(ポストにいれるもの)がある。メール便については、信書(請求書など)は送れないが、そこを巡って内容確認などを慎重にしたりなどで需要が減った歴史がある。
宅配便は、基本的にPoint to Pointで明確な受領含めて送るもの(印鑑)。ただ、例えばマンションの宅配ボックスなどでの代替などを、約款や合意で行っている状態。
置き配ができると再配達コストが減る。一方で盗難リスクは増えて、その保険などはサービスとして必要になってくると思う。既に議論もされ始めている(①)が、しっかりと整備が進んで安心かつ効率的になってほしい。約款周りに興味がある方は、②も併せて。
https://www.meti.go.jp/press/2019/03/20200331004/20200330004-1.pdf
https://www.okippa.life/blog/20180607/4450/
モノ余りの昨今、「置き配」にしても盗まれる心配が少なくなっています。

盗難のリスクよりも置き配によるメリットが大きいのでしょう。

高級品をネット通販で買う人は滅多にいないでしょうし・・・。
賛成のコメントが多いですが、盗難被害は確実に出てくるものと思いますので、そのあたりがどうなるのか気になります。
オートロックマンションだと玄関まで行けず、マンションエントランスに置くのは難しい。オートロックじゃないマンションだと、盗難リスク高し。
一軒家で敷地内におけそうだと盗難リスクもなく良さそう。

コロナで給付金詐欺が増えたように、置き配が本格化すると置き配泥棒を狙う輩は確実に出てきますので。(日本よりも治安の悪い国で置き配が行われているということは理解しています)

ちなみに総論、わたしも賛成です。
ヤマトさんが楽になるのは言うまでもありません。もしこれが問題なく浸透するなら、消費者側の意識が変化してきているともいえそうですね。買ったものが手元に届くまでに何かあっても、まぁ自己責任だよね、という感覚が自然になりつつあるのかもしれません。
コロナで在宅勤務が増え、再配達の割合がかなり下がっていると聞いていましたが、在宅時に限らない置き配も進めばさらに追い風ですね。

置いた荷物に何かあった際の責任所在など論点はありそうですが、個人的にはどんどん普及して欲しいと思います。
置き配でぜんぜん良い。習慣化すれば、ここは気にならなくなると思います、諸外国のように。
コロナのおかげで、
日本で置き配の普及が
進んだような気がします。

元々は、
盗難や悪戯されることが、
置き配の懸念事項でしたが、

対面によるコロナ感染リスクを
避ける為には、置き配が合理的な手段。

コロナがトリガーで、
ラストワンマイル問題が
解決の道が出来るかもしれませんね。
ヤマトホールディングス株式会社(YAMATO HOLDINGS CO., LTD.)は、宅配便のシェアNo.1である宅急便を展開するヤマト運輸株式会社などを傘下に持つヤマトグループの持株会社。 ウィキペディア
時価総額
1.14 兆円

業績