新着Pick
308Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
書いたはずが消えてたので、再掲載。(涙)

祖母が和裁士だったので、祖母の作った着物の糸を解くことがあり、
なんともサステナブルな衣服なんだろうって感動したことを思いだします。

なんとなくだけど、日本には宗教的にも唯一神の文化ではなかったからか、裏と表、ハレとケという捉え方がうまく、衣服にしてもハレの服は先祖代々その時に着るもの。ケの衣服はその人が調整しながら長年愛用できるものという捉え方により製作していくことができたのかなと。

クールがサステナブルなのか、勿体無い精神なのかわかりませんが、
とにかく日本画も含めて日本文化の素晴らしさの源泉って、一見すると型のある地味な世界観の中に、あり得ない取り合わせを提案する力じゃないかなーと感じています。

北斎の絵がたまたま挿絵にありましたが、この大きな波にあの奥に見える富士山とかあり得ない構図なのに、こんな構図あったらいいよねという提案。
東洋絵画の特徴でもある山水画における遠近法の技法、三遠法って、二次元のキャンパスに三つの視点からの景色を無理やり織り込んだわけです。

勿体無い精神なのか、これをクールというのか、はたまたサステナブルというのか。

動かないのに躍動感を感じるように工夫する過程に、日本の伝統芸能に共通する美しさがあるとするなら、これまでに多くの世界中の人に影響を与えたように、デザイナーや職人という世界で活躍する日本人はこれからクリエイティブさが人間の仕事になっていく中で、世界中の人を魅了することができる可能性しか感じないです。
漫画のルーツは、平安時代の「鳥獣戯画」と「信貴山縁起絵巻」です。室町時代には「福富草紙」という、「放屁芸で財をなすおっさんの話」がありますが、これは登場人物の横に台詞が書かれるという、まさに漫画の形式が確立しています。その後、江戸時代には北斎漫画の前に、黄表紙という漫画形式の娯楽本がたくさん出版されています。そもそも北斎は、この黄表紙で滝沢馬琴とコンビを組んでデビューした人です。
近年、日本と韓国のコンテンツがよく比較されますが、日本のコンテンツはグローバル・コンテンツとして世界で勝負できる可能性が高いと思います。ただし、海外でどう売っていくべきなのかについて戦略的に計画できる専門家が少ない気がします。海外でどのように利益を生むかなどは韓国事例を参考にしても良いのではないかと思います。そして、今は時代が変わってきており、グローバル動画配信サービスなど世界を繋げてくれるプラットフォームが色々盛り上がっているので、まずはそれを活用して広げる方法もあると思いますね。
民放の「日本スゲー」番組でなく、アメリカのメディアが報じる日本像なので、変な警戒感なく読めましたが、筆者の日本愛が伝わってくる内容ですね。確かに直近の勢いでは韓国なんでしょうが、過去からの蓄積では贔屓目なしにまだまだ日本に分があるということではありそうです。それをどう世界でマネタイズするか、古くて新しい課題です
極めて表面的な解釈ですが、これが典型的な感覚だと思います。

異文化について理解することは、本当に難しく、私自身についても、米国の文化に関しては、この記事の1/10も理解できていないと感じています。

日本の「Cool」な部分は、この記事のような表面的なもの、つまり見えるものではなく、その背後に隠れている、もっと精神的なものだと思います。

例えば、Steve Jobsが心酔した「ZEN(禅)」などが、その例ではないでしょうか?

何でも同じですが「見える世界」より、「見えない世界」の方が奥深いです。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
励まされているようじゃダメ(そういうつもりじゃないでしょうが)。
ビジネスとしてしっかり成長させていきたいですね。
ここに書かれていることは、2002年にダグラス・マグレイが「Japan's gross national cool」に書いたことで、それがクールジャパンの元になりました。それから約20年、クールジャパンはこうしたポップカルチャーから食、ものづくり、インフラ、経営などの分野に広がりをみせています。つまりこれは「新視点」ではなく「旧視点」。