新着Pick

中小の事業承継をネットで支援 「バトンズ」が自治体と連携

産経ニュース
インターネットによる事業承継プラットフォームを手掛けるバトンズ(東京都千代田区)は16日までに、中小企業の事業承継支援で全国の自治体などと連携すると発表した。新型コロナウイルス感染拡大による景気悪化で、今後、事業の継続を断念する中小企業が増えるとの懸念がある。両者の連携により、地域の経済や雇用を守る。
21Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
自分の会社の記事にコメントするのも気が引けますが、残念ながら滅多に記事にはならないので(NewsPicks にさえ取り上げてもらったことはありません(笑))ご容赦くださいませ。

創業メンバーだった前職の役員を辞して、地方の小さな会社の承継やM&Aのオンラインプラットフォームであるバトンズを作ったのが2年前。

それなりに順調に拡大はしてはきたのですが、ネックになったのがどうしてもシステムやネットだけではカバーできない点があること。
そこはそれ、昔取った杵柄で全国の専門家のネットワークでカバーし、自治体や公共団体なと公的支援機関にも提携範囲を広げてきました。

ところが今度は広げすぎで、その提携先をサポートする人が不足する羽目になるという悪循環。
本当にビジネスというのはどこまで行っても人に依存したものなのです。

流石にこれ以上はどうしようもないので、資本の一部も出してもらっている前職に、資金だけじゃなくて、人も出して欲しいと厚かましいお願いしたら、快く(?)6人も派遣してくれ、晴れて自治体・公的機関専門サポートチームを組織することができました。

一応IT企業の経営者ながら、やはり昭和のおっさんなのでよくわかるのですが、どんな便利なネットサービスでも、地方やミドル以上の年代の人たちに普及させるためには、人によるサポートが不可欠なのが日本という国です。

これでようやく全国にサービスを広げられると、ちょっと安心しています。