新着Pick
348Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
東京都の人口は1363万人。0.1%というのは我が国や他国で報じられたPCR検査事例等を念頭に色眼鏡で見ると(笑)、意図的じゃないかと思うほど低いように感じるけれど、これを信じるなら約1万4千人の感染者が東京にいるわけで、これまでに亡くなった人が約300人だから、感染すると50人に1人が命を落とすことになるわけか・・・ しかも、長い人生を残す働き盛りの若い人たちは感染しても相当程度安全で、人生も終わりに近い高齢者のリスクは相当高いというという特徴があるらしい。
スエーデン辺りと違って我が国では命と経済とを比べるのはタブー、若者と高齢者の命の価値を比べるのは更にタブーだけれど、この数字をどう見るべきか。80才以上の高齢者に積極的な延命措置を施さない同国に倣うようなことはせず、重症化した時は老若とも延命措置がきちんとできる体制をしっかり整えて、経済の崩壊が人々の生活と命を奪うことのないよう経済活動を続けるべきとの判断も出来ない数字ではないように感じないでもありません。
温度や湿度は関係ないと専門家はおっしゃるけれど、北半球と南半球の様子を見ていると、次の冬には再び感染が広がりそうな気持が拭えません。何が原因になるかは分からないけれど、次の感染の広がりが来る前に、しっかりとしたデータに基づいて対応方針を決めて置くことが重要な局面に差し掛かっているような気がします。(^^;
ソフトバンクが行った4万人の検査より数は少ないですが、
こちらは無作為抽出、かつ、2種類のキットで検査しているとのこと、より現実を反映していると思われます。
ソフトバンクの検査での0.43%より低いのも妥当。

既感染の人は極めて少なく、それは、1人ひとりがしっかり感染対策をしていたからこそなのですが、すなわちほとんどの人は新型コロナに対して免疫をもっていませんので、引き続き感染予防が重要になります。

【追記】実際の感染者数より多いじゃないか、というご意見があるかもしれませんが、全員検査してきたわけではないので把握されていない無症状の感染者は当然いるわけで、なんら驚く事実ではないと思います。
東京都の陽性率は0.1%とのことですが、これは2000名に検査を行い、2名に抗体が見られたとの結果から算出された数字です。陽性者が非常に少ないため、母集団に当てはめる場合に、大きなブレを生みやすいということに注意が必要です。

仮に有病率が本当に0.1%だった場合、感度、特異度ともに99.9%の非常に優れた検査を用いたとしても、計算上、真の陽性と偽陽性の割合は、1:1と計算され、非常に高い割合で間違えることがわかります。

この結果から、本来の感染者は1名だった可能性も十分考慮されるべきということになり、もしそうだとすれば陽性率は0.05%まで低下します。これを東京都全体に当てはめた場合、推定感染者数は1万4000人から7000人にまで低下します。ブレの非常に大きな値ということがお分かりいただけるかと思います。

あるいは、今回の報告では2種類の抗体検査を用いていますが、どちらか一方でも陽性になった方という条件なら陽性者は8名に上り、その全てを感染者と捉えれば、陽性率は0.4%、推定感染者は5万6000人になります。

このように、結果を母集団に当てはめて計算をするのは少し難しいかもしれません。

ただし、この数字はどう頑張っても、10万人や100万人になる可能性は低く、少なくとも感染が想像以上に大規模に広がっているとする説に対しては否定的な結果と言えます。裏を返せば、批判の多かったこれまでの検査体制でも、比較的高率に感染者を捕らえられていたとも言えるかもしれません。
特異度99.9%だとしても誤差の範囲内
前回の献血の血液を使った調査で、ある程度の偽陽性が出ることが分かっていることも考えあわせると

「新型コロナウイルスに対して、特異的な抗体を持っている人は、いるかいないかもわからないほどに少ない」

という結果です。

【追記】アボットとロシュ両方で陽性とされた人を陽性と判定。特異度はかなり高いと推察されます。

https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000640184.pdf
あくまで、基礎となるデータを集めたものといえるでしょう。

詳細はこの記事より朝日新聞デジタルのapitalの方が少し詳しく、

▶東京は1971人のうち2人(0・10%)
▶大阪は2970人のうち5人(0・17%)
▶宮城は3009人のうち1人(0・03%)

一方、5月31日時点の累積の感染者数は
▶東京5236人(感染率0・038%)
▶大阪1783人(0・02%)
▶宮城88人(0・004%)

ということになります。
https://www.asahi.com/articles/ASN6J3H1YN6JULBJ001.html


この数字を比較する意味がどこまであるのかはわかりません。検査の精度や、抗体の意味がまだまだ十分わかっていないからです。

そして抗体が陽性であったら次はかからない、ともいえません。
もともと、抗体がどれくらい陽性になるのかわかりませんし、感染者からの回復期の血漿療法も有意な効果がみられていないのですから。
https://jamanetwork.com/journals/jama/article-abstract/2766943

一方、西浦教授が『比較的感染者が少ない段階ではいわゆるクラスター対策が有効で、「絶滅確率」に期待することもできる。』という発言もされています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/7296592623494483d13edd5da3a75bb9eb35ee9b

感染拡大で抗体を獲得するリスクよりも、ゆるやかに感染予防に努めていってウィズコロナの時代を生きていくしかないのかもしれません。
抗体をもっている人がほとんどいないということは,第2波が来たら第1波と同じように感染が広まる可能性があるということ.医療体制,検査体制を充実させることが重要.
約8000名の検査をしたうち、陽性であったのは8名とのこと。様々な影響を受ける結果なので、これだけでは何とも言えません。日本では感染者が少なかった、ということは十分考えられますが、検査感度が不十分であったり、感染しても抗体ができないケースが多いということになれば、この説すら崩れてしまいます。

なおソフトバンクの行った抗体検査の調査との違いは、検査キットの違い、ソフトバンクは任意の提出であり今回は無作為抽出の検査であった点、ソフトバンクの調査では事前にPCRが陽性とわかっていた人が含まれていた点、などがあります。その点を考慮するとソフトバンクの調査の方が高い結果になったのは理にかなっているかもしれません。

今回の調査結果をもとに、例えばクラスターが発生した病院の職員に集団検査を行うなど、無症状のうちに感染していた可能性が高い人たちを対象に検査を行えば、得られる情報があるかもしれません。
これでPCR検査をどんどんやれ!説の妥当性がなくなりましたね。金と手間と感染の危険ばかり高くなってしまうのに、ほとんどが陰性になるのですから。医師が必要だと判断した場合に検査するというこれまでの方針が正しいということになります。まぁそれでも単純計算で東京都のまだ陽性と判明していない感染者は1万人以上いるということにはなりますが。
NY州は人口に対する死亡率が0.15%だからなあ、、、。つまり州全体の人口の600人にひとりが、この3ヶ月間にコロナで亡くなっています。NYCに限ればもっと高いはず。このウイルス、まじ怖い。。。。

みんな感染させて集団免疫なんていってると凄まじいことになるので、やはりワクチンができるまで大人しく待つのが吉かなと思います。たとえロックダウンが1年や2年続いても、死ぬことよりはよほどいいので。
社会学屋からすれば、サンプリングの方法が気になる。無作為といっても、作為がなければ必ず正確だとは言えない。たとえば、電話帳から無作為に選んだ個人宅に電話をかけて聞きました……といったところで、それが平日の昼間なら、平日の昼間に家にいる層のデータばかりが集まることになる。調査の場所や曜日や時間帯などが偏れば、集まるデータも偏るのだ。