新着Pick
1005Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
アマゾン出身の起業家が、アマゾンと戦うためのスタートアップを作る。そのテクノロジーが、日本の小売業界を面白くしそうだというお話を書きました。

Zippin創業者のクリシュナは1999年、かつてジェフ・ベゾスが働いていたDEショーという金融会社の入社面接時に、優秀な人がどんどん、ベゾスを追いかけて転職してゆくことに気付いたそうです。そこで自分も、アマゾンで働くようになったと。

そんな彼が作っている無人店舗のソリューションをつかって、日本のコンビニエンスストアが、面白い実験をいろいろと進めています。冒頭に紹介したのはあ、AmazonGoならぬ、タワーマンション内につくる「タワマンGo」。小売業界をじょじょに、しかし確実に変えてゆく取り組みをご一読ください。
タワーマンションコンビニはソリューションや実用化の1つの手段で、無人コンビニやスマートコンビニがどう普及するか、という視点で記事を見た方が良いと思いました。

記事内にもありますが、構想を実現させるための店舗あたりの初期投資の重さと回収期間がボトルネックになりますし、UXを高めようと思えば回収にさらに時間がかかることで普及が難しかったのは中国の無人コンビニブームで検証されています。

一方で、ゆくゆくは投資額が下がったり、マネタイズのチャネルが拡大することでスマートコンビニの一般化が進んでいく時代に突入すると思います。

個人的にはタワーマンション在住でも、外出明けから帰る際に1階のコンビニで買えば良いと思いますし、自宅にいる際はUBER EATSのように配達された方がユーザビリティが高いのではとも思います。

いずれにせよ、中国の便利蜂がDXによるスマートコンビニで破壊的成長を遂げているので、日本でも独自的な広がりに期待したいと思います。
レジ待ちのストレスは高い。コロンビア大学の調査では、レジ列が10人から15人になると購買率で30%マイナスに。ひどい場合は70%もマイナスになることがわかりました。レジ待ちなしのコンビニは有効です。

中国やオランダ、英国でもキャッシャーレスのコンビニが登場しています。設備投資はAmazon Goより少なく設営期間は6週間という短期間。

顧客のストレスを抑え、人件費も抑えるという店舗づくりが増えそうです。
無人店舗システムのZippinの記事。
無人店舗は、コスト削減と購買体験向上の両輪。コンビニなどは接客を求めているわけではなく、日本では労働力が減る中で業態持続に必要なシステム投資で、自動改札や工場の自動化と同じ、不可避の流れだと思う。ただ待ち時間減少など購買体験の向上も実現して、消費者に受け入れらることも必要。
一方、下記ローソンの言及は、FCオーナーとの関係性や社会インパクトから安易に言えないだろうが、どうだろう。日販50万円として1年1.8億円の売上の店舗で、例えば人件費を24時間・時給1000円で一人削減すると年間約900万円の削減。レジ以外の業務もあるが、1000万円規模の投資をしても労働人口と経済性含めて持続可能な業態を作ることこそが、今後のコンビニ経営の本丸だと思う。
『「アマゾンのように、1店舗に数億円をかけるオプションはありません。1000万円でも難しい。しかし数百万円のレベルに抑え込めたら、というシミュレーションはしています」(ローソン牧野氏)』

無人店舗で最近気になる点。

①以前編集部が取材したStandard Cognitionの進捗。日本ではパルテックと組み薬王堂で2019年夏から実験予定だったが、多分まだ。
https://newspicks.com/news/3483158

②すでに提供を始めた高輪GWのJR東+サインポスト。チューニングで認識率が75%→95%まで上昇。
https://newspicks.com/news/4970840

③Amazon Goは、今年からスーパーサイズも開始。面積が大きいほど人も品数も多く、認識が累乗で難しくなるはずで、精度が気になる。
https://newspicks.com/news/4666296

④Amazon Goはシステム外販を開始。Amazon IDを必要としないのは経済圏に組み込まないことで、Amazon自体がリアル店舗の拡大はあきらめたのかなど、戦略も気になる。
https://newspicks.com/news/4747331

⑤画像式かRFIDか。自分はRFIDの値下がりが下記の東レの2円含めて見え、棚卸などでも活用できるので、中長期では本命だと思う。
https://newspicks.com/news/4553387
並ぶことない、レジなく簡単にチェックアウト可能という完全なメリットにやっぱり課金しますよね。

少し高くてもいい商品、少し高くても早く買いたい
タワマンに住んでる層はそう思うはず。
たのしみです!
面白い。ぜひ実現して欲しい。
ただ投資の金額目線が若干気になります。未来に描ける図は投資と相関するので、ここは実験段階でケチるところではないのかなぁと。

>>「アマゾンのように、1店舗に数億円をかけるオプションはありません。1000万円でも難しい。しかし数百万円のレベルに抑え込めたら、というシミュレーションはしています」(ローソン牧野氏)
そもそも、電子書籍のKindleも、紙書籍部門のトップを、Kindleのトップに異動して「元部署を潰すくらいの勢いでやれ!」というのがamazonですから…

amazonに限らず「ex-(元)」という人材は、本当にすばらしい人達が多いですよね。

スタートアップのピッチ資料で、自分たちのチームが、いかに「exな人達」で構成されているかをアピールする意味がここにありますよね。

※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
密を避けるためにもレジ不要化は大きいですよね。元アマゾニアンだけでなく国内企業も頑張っていただきたいです。
Amazon Goの外部開放化は、ECまわりやクラウドサービスと比較すると時間がかかりそう。Amazon自体があんまり使っていないから、イノベーションの速度が遅そうだし、低価格化が進みづらい。Wholefoodsでも導入が進み、それがうまく行くのを見届けるまでは、モジュール化され、外販されても導入が進まなそうだ。そういう観点からしても、その領域だけでイノベーションを起こそうとしているスタートアップの技術には期待したい。
ついでに、これからのタワマンにはコミュニティオフィススペースもあるといい。週の半分程度はテレワーク、でも家の中は気が散るという場合に、便利そう。
この連載について
アップル、グーグル、フェイスブックを育ててきた、シリコンバレーのベンチャー投資産業。その輪の中にいる投資集団「SOZO」が、初めてベンチャー投資の舞台裏を案内する。
株式会社 臨海(りんかい)は、神奈川県横浜市神奈川区に本部を置く、学習塾「臨海セミナー」を運営する企業である。私立中学・公立高校・大学などを目指すためのコースを持っている。 ウィキペディア