新着Pick
15Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
「運命の一冊」は、各人各様であり誰かの勧めで当たるものではありません。

「好みの作家」とあなたの嗜好が一致していることは、実は希なのです。

作家は、自分の作品を書くためにたくさんの本を読み、その時々で「これだ!」という本に出会います。

一介の読者は作家と同じ思考をしているわけではないので、ピンと来ないことがたくさんあると思います。

たとえば、村上春樹氏が「ノルウェイの森」の作品の中で絶賛しているフィッツジェラルドを読んだ人がどのくらいいるでしょうか?

少なくとも私には、「グレートギャッツビー」より「姿三四郎」の方がはるかに運命の一冊です。
関連記事一覧
百田尚樹と小林よしのり。「右派本のマーケット」をつくった2人の決定的な違い
ハフポスト日本版
14Picks

「この本が読まれるべき理由」をどこまで伝えられるか? という挑戦を始めます。 - だから、この本。
Diamond Online
6Picks

ネギ1本1万円で売るスーパー経営者が「従業員のやる気」を上げる「物凄い方法」
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
6Picks

データサイエンス初学者のための実践的な学習環境 「データサイエンス100本ノック(構造化データ加工編)」をGitHubに無料公開
Digital PR Platform
6Picks

9割の人が知らない「学ぶ楽しさがわからない」を解決できる超シンプルな方法 - 独学大全
Diamond Online
6Picks

オススメ本『2020年 表と裏で読み解く日本経済 バンブーカーテンの世界分断と破滅する韓国 Kindle版』渡邉哲也、猫組長(菅原潮) (著)
K2 Investment 投資アドバイザー 眞原郁哉の海外投資ブログ
5Picks

世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由
ニューズウィーク日本版
5Picks

蔵書150万冊を誇る古書の聖地「たもかく」で、本の森の賢者はかく語りき
Michino
4Picks

作家・なかにし礼の「自分の人生にもっとも影響を与えた本」10選
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
4Picks

ネギ1本1万円で売る男が“ネギ”を選んだ理由は「味にこだわりある人がいないから」!?
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
4Picks